GLOSSARY

用語集

用語集一覧

ICT

Information and Communication Technology の略で、情報通信技術のこと。コンピューター技術の活用やハードウェア、ソフトウェアの応用技術までの幅広い範囲を意味する。

IoT

Internet of Things(モノのインターネット) の略で、さまざまな物に対して通信機能を持たせることで、インターネットへ接続したり相互通信をすること。各種センサー、カメラ、自動車、家電などとコンピューターをネットワークでつなぐことで、自動認識や自動制御、遠隔操作などをおこなう仕組みのこと。

RTT

Round Trip Time の略で、通信先に信号やデータを発信してから、応答が返ってくるまでにかかる時間のこと。往復遅延時間。相手との物理的な距離や、経路上で中継・転送する装置などの数や処理時間に左右され、通信品質を測る指標のひとつ。

イベントログ / event log

何かしらで起きた事象や起こした動作などの記録。任意に決めた動作を記録したもの。代表的なものとして、Windows が出力するイベントログがあり、アプリケーションエラーを含むオペレーティングシステム上のさまざまな要因によって発生する問題に関連するログが出力される。

インフラ / IT インフラ

基盤、下部構造などの意味を持つ用語で、情報システムを稼働および運用するための、土台となるコンピューター機器などのハードウェア機材や設備、施設、通信回線やネットワーク、ソフトウェア、データなどをまとめて指す総称。

クラウド / クラウドコンピューティング

クラウドコンピューティングとは、コンピューターの利用形態の 1 つで、インターネットなどのネットワーク越しにサーバーやストレージなどのコンピューター資源や、アプリケーションソフトウェアなどの IT リソースを利用するサービス形態。インターネット上に用意されたリソースやサービスを、必要な時に必要な分だけ利用できるのが特長。

シスログ / syslog

IP ネットワークを通じてほかのコンピュータへ時系列の記録を伝送する標準プロトコルのこと。もしくは、このプロトコルを使い、ネットワークを介してログを収集、記録するソフトウェアのこと。

性能監視

ネットワークのトラフィック量や CPU 使用率などの情報やネットワーク機器やサーバに対しての応答時間を定常的に取得する監視手法。性能監視で取得した情報から「いつもの状態」を把握し、そこからの変化を分析することで、システムの異常を早期に検知し、障害を予防することが可能になる。

情報管理

一般的には、経営管理上の意思決定に必要な情報の収集、処理、伝達、保管、検索などの施策を意味する。IBC は、この概念をもとに、システム全体の状態を監視し、傾向を把握することで事前に障害対策やシステム増強計画を策定するなどの、予防保守を中心とした新しい監視手法として提唱している。

電子証明

信頼できる第三者(認証局)が間違いなく本人・本物であることを電子的に証明するもので、印鑑証明書の代替である。インターネット通信を暗号化するための SSL 通信でも利用されている。

パブリッククラウド

個人や企業向けにクラウドコンピューティング環境をインターネット経由で提供するサービスのこと。専用のハードウェアなどを所有することなく、利用者が必要な時に必要なだけ自由にサーバーやネットワークリソースを使えるシステム。提供形態によって、IaaS(Infrastructure as a Service) 、PaaS(Platform as a Service) 、SaaS(Software as a Service)などに分類することができる。

プライベートクラウド

企業が自社内での使用を目的に、クラウドコンピューティングのシステムを構築およびサービス提供をする形態のこと。自社に適したシステム設計や管理が可能であり、独自のセキュリティポリシーを適用できる。さらに、プライベートクラウドは、オンプレミス型とホスティング型に分類することができる。オンプレミス型はインフラもすべて自社で管理をおこない、ホスティング型はインフラは持たずにクラウド事業者からプライベート領域を借りて使用する。

ブロックチェーン / Blockchain

分散型台帳技術もしくは分散型ネットワークのこと。インターネット上の複数のコンピューターで取引の記録(トランザクション)を互いに共有・検証しあいながら正しい記録を鎖のようにつないで蓄積する仕組みのことであり、あらゆる取引履歴を信頼性のある形で保存し続けるための技術。ビットコインなど仮想通貨取引の台帳としても利用されている。

マルチベンダー対応

異なるメーカーの製品を組み合わせることや組み合わせて 1 つのシステムを構築すること。System Answer シリーズは、複雑化したインフラ環境においても、さまざまな性能情報を取得できるよう対応機器を随時拡張している。

レスポンス

ネットワークなどで、通信先に送った信号やデータが返信、応答するまでの経過状態のこと。システムの応答や反応にかかる時間を表す場合、入力が完了してから出力が始まるまでの時間のことをレスポンスタイムという。

ログ / log

コンピューターの使用状況や通信履歴などを一定の形式で時系列に記録、蓄積したデータのこと。稼働状況の確認や集計、不具合の原因調査、セキュリティ調査などで活用される。

CONTACT

お気軽にお問い合わせ下さい