System Answer G3

Stats Option

STATS OPTION

System Answer G3 Stats Option powered by Yellowfin は、お客様独自のフォーマットで報告書を作成することができます。また、IBC がこれまで手掛けてきた数多くのレポート作成コンサルティングのノウハウをもとに、汎用性の高いテンプレートも提供しております。これまで、報告書作成に要していた工数を大幅に削減することが可能です。

STATS OPTION

Stats Option の特長

Operational Intelligence
For Operations Leader

BI ツールである Yellowfin を分析エンジンとして利用することで、監視システムの品質を落とすことなく高速なレポート作成が可能です。さらに、Yellowfin のグラフィカルでわかりやすいインターフェイスを採用することにより、多くの現場でレポート作成を支援することができます。

System Answer G3 で取得したデータをもとに、定例会などでよく使用されるフォーマットを標準搭載しております。また、レポート内容をお客様の環境の変化や報告内容の変更に応じて、簡単にカスタマイズすることも可能です。そのため、レポート作成の工数は、圧倒的に削減でき、インフラの運用改善を促進します。

標準フォーマット

予防保守を実現する
統計データ

アラート、品質劣化、ネットワーク遅延など、標準フォーマットで注意すべきポイントを網羅。

レポート内容

期間や出力内容を
任意に指定

時間単位、日単位、月単位などの統計データを選択でき、レポートに必要な期間だけを出力。

BI エンジンを利用

データを
価値ある情報に

統計分析に BI ツールエンジンを用いることで、監視データを活用できる情報としてレポートを作成。

Stats Option レポートテンプレート

すぐにご利用いただけるように IBC 独自の視点で、汎用性の高いテンプレートをご用意しております。

アラート Top
– N レポート

週間や月間など、アラート件数を集計したい場合のレポートフォーマットです。しきい値超過やタイムアウトアラートなどの件数と対象ノードが簡単に表示できます。

アラート Top – N レポート

エラーパケット /
廃棄パケットレポート

ネットワークのトラブルでよくあるエラーパケットや、廃棄パケットの有無を簡単に確認できるレポートフォーマットです。品質劣化の有無を任意の期間で確認できます。

エラーパケット / 廃棄パケットレポート

定型レポート

各監視項目の平均、最大、最小、トレンドなどを一括表示する帳票形式のレポートフォーマットです。System Answer G3 で取り溜めている膨大な情報を集約し、各監視項目の現状や変動を、数値で一目で確認することができます。

定型レポート

傾向分析レポート

前日からのトレンド値より、上昇傾向や下降傾向を把握できるレポートフォーマットです。リソース変動が大きいものをピックアップし、逼迫が予想されるリソースへの早期対応が可能になります。

傾向分析レポート

ダッシュボード

1 時間前の時間帯における CPU 、Storage の傾向値や、エラーパケット / 廃棄パケットの発生有無を把握できます。また、タブを切り替えるだけで、前日・前週・前月の過去の発生状況を確認できます。

ダッシュボード

フィルター機能 / 検索

定期レポートへのリンクを掲載します。フィルター機能により、指定ノードのみや特定の監視項目のみを表示させることも可能です。また、項目や文字列による簡単な絞り込みもできます。

フィルター機能 / 検索

CONTACT

お気軽にお問い合わせ下さい