QUALITY CONTROL

IPAS

IPAS

近年クラウド型サービスの導入が増えている中で、特に Office 365 を導入または検討されている企業が増えていますが、導入後や運用時にトラブルが発生したというお話をよく伺うようになりました。
そこで、IBC 性能アセスメントサービス「IPAS(あいぱす)」では、ネットワークシステムの性能監視に長年携わってきた経験豊富なエンジニアによる分析をおこない、お客様の ICT インフラの安定稼働を実現します。

クラウドサービス利用における課題

社内のオンプレミス環境で利用していたシステムを、インターネット上のクラウドサービスである Office 365 へ移行する際に、従来のネットワークでは問題にならなかった箇所が新たなボトルネックとなり、「遅い」「つながらない」「画面がフリーズする」などのトラブルが発生しています。

機器増強など
計画が
困難

トラブルを
解決
できない

サービス
対応が
不安

クラウドサービス利用における課題

Office365 導入後によくあるトラブル

社内のオンプレミス環境で利用していた Office システムを、インターネット上のクラウドサービスである Office 365 へ移行することで通信経路が変わり、今まで介在しなかったファイアウォールやプロキシサーバーを経由した通信が発生します。

また、メールプロトコルも POP や IMAP から HTTP ベースでの接続に変わり、セッションのタイミングや保持する時間などが変わります。

そのため、Office 365 を導入後、従来のネットワークでは問題にならなかった箇所が新たなボトルネックとなり、遅延や接続ができない、画面がフリーズするなどのトラブルが発生します。

Office 365 導入

IBC アセスメントサービス「IPAS」では、Office365 などのクラウドサービスにおける「遅延」や「アクセス不可」などの原因を特定することにより、適切な解決策を導き出します。さらに、「どこで」「なぜ」を明らかにし、最適なキャパシティ管理の実現が可能になります。

CONTACT

お気軽にお問い合わせ下さい