System Answer G2

オプション

System Answer G2 のオプションについてご紹介いたします。

System Answer シリーズ 基本オプション

API オプション

API 機能

API 機能

System Answer シリーズで取得した性能監視情報を、お客様のポータルサイトやアプリケーション上で公開することができる連携機能です。性能情報、グラフ画像、レイテンシーグラフ画像、CSV 出力データといった、さまざまな情報を取得することが可能です。


API 表示機能

API 表示機能

監視対象ホスト情報、監視設定、設定性能情報、グラフ画像、レイテンシーグラフ画像、CSV データといった、さまざまな情報を取得することができます。


自動レポート出力

自動レポート出力

定期診断レポートや設備投資計画用のデータ資料として、System Answer シリーズで収集した性能監視情報から、word 形式で自動的にレポートを作成することができます。

System Answer G2 基本オプション

標準機能とオプション機能の比較についてはラインアップをご確認ください。
Datacenter Ware ではすべての基本オプションが標準機能として実装されています。
(Log Option と Quality Analyzer Option は別途購入が必要です)

Hypervisor オプション

Hypervisor 監視(API 監視)

Hypervisor 監視(API 監視)

VMware vSphere API を使用し、ハイパーバイザー (ESX) およびゲスト OS のリソース状況を監視します。
CPU やネットワーク帯域だけでなく、Disk I / O や Disk 遅延(レイテンシー)といった、仮想環境でトラブルの発生しやすい Disk 関連の詳細監視や、メモリーバルーン(Ballooning) などの VMware のゲスト環境独自のメモリー情報を含め、SNMP 監視などと同様に 1 分間隔の詳細な監視が可能です。


Hypervisor 表示機能

Hypervisor 表示機能

多数の仮想ホストやゲストの性能状態を分かりやすく把握するために、さまざまなグループでの稼働状態や負荷状況の表示、ダッシュボード画面による一覧表示、詳細なリソース変動を把握するためのグラフ表示機能を提供します。
物理環境、仮想環境ともに、統一したインターフェイスにより、運用負荷を増やすことはありません。
また、サマリー機能を活用することで、仮想環境全体から負荷の高いゲストを確認するといった、管理者が知りたい情報に簡単にアクセスするための機能も搭載しています。

Topology オプション

Topology 探索

Topology 探索

定期的にトポロジー状態を検索します。接続変更による G2 上のトポロジー構成を自動で変更することはもちろんのこと、新たに接続されたホストを、自動的に G2 の監視ホストに登録し、監視への運用負荷を軽減します。


Topology 表示機能

Topology 表示機能

ネットワーク上を自動で探索し、L3 ならびに L2 トポロジー構成を作成し、WebGUI で表示します。
性能監視機能と連携し、トラフィック分布やアラート発生状態を表示することも可能で、システム全体の可視化を分かりやすい画面で提供します。

トラップオプション

トラップ監視

トラップ監視

各ホストからの SNMP トラップを受信し、トラップアラート画面への表示や、メール・回転灯へのアラート通知をおこないます。


トラップ表示機能

トラップ表示機能

受信した SNMP トラップごとの受諾や発生日時、IP アドレスでの検索がおこなえ、ホスト名、ベンダー名、トラップ種別、トラップ詳細といった情報を表示できます。トラップ種別ごとに非表示を含む 5 段階のレベル設定が可能です。

Syslog オプション

Syslog 監視

Syslog 監視

各ホストからのシスログを受信し、シスログ画面への表示をおこなうことができます。また、正規表現キーワードに一致したメッセージをメールや回転灯へアラート通知することができます。


Syslog 表示機能

Syslog 表示機能

受信したシスログを、任意の期間、ホスト名、ファシリティ、プライオリティ、プログラム名、メッセージでフィルタした情報で表示できます。
画面に表示したシスログを CSV ファイルでエクスポートすることもできます。


CONTACT

お気軽にお問い合わせ下さい