VMware/サーバー/ネットワーク監視ツール
UPDATE
2015.06.25

Ver 01.29.10 リリース

Ver 01.29.10 リリースノート

バージョン

v 01.29.10

リリース日

2015 / 06 / 25

【不具合修正】

  1. 今回のバージョンアップにおける不具合修正はありません。

【新機能ならびに追加機能】

  1. 今回のバージョンアップにおける機能追加はありません。

【仕様変更】

  1. 今回のバージョンアップにおける機能追加はありません。

【テンプレート関連】

  1. テンプレート内容の新規追加

    A10 Networks 社製 AX1000 の監視項目を追加いたしました。
    Avaya 社製 VSP4000 シリーズのホストテンプレートを追加いたしました。
    Avaya 社製 VSP7000 シリーズのホストテンプレートを追加いたしました。
    Century Systems 社製 NXR-130 のホストテンプレートを追加いたしました。
    F5 Networks 社製 Big-IP シリーズ Ver10.1 の監視項目を追加いたしました。
    FXC 社製 LEX1930-00 の監視項目を追加いたしました。
    HP 社製 A5120 のホストテンプレートを追加いたしました。
    HP 社製 A5500 EI の監視項目を追加いたしました。
    Infoblox 社製 Trinzic 820 のホストテンプレートを追加いたしました。
    Juniper Networks 社製 SRX3400 の監視項目を追加いたしました。
    NetApp 社製 NAS 製品のホストテンプレートを追加いたしました。
    NTT エレクトロニクス社製 プラスレピータ S4 のホストテンプレートを追加いたしました。
    NTT エレクトロニクス社製 プラスレピータアクセスのホストテンプレートを追加いたしました。
    アイエスエイ社製 DN-4100 シリーズ ver 1.1 のホストテンプレートを追加いたしました。
    アライドテレシス社製 AT-DC2552XS のホストテンプレートを追加いたしました。
    アライドテレシス社製 CentreCOM ARX640S のホストテンプレートを追加いたしました。
    バッファロー社製 TeraStation のホストテンプレートを追加いたしました。
    フジクラ社製 FOAM シリーズのホストテンプレートを追加いたしました。
    メディアグローバルリンクス社製 MD8000 シリーズのホストテンプレートを追加いたしました。
    ヤマハ社製 RTX3500 のホストテンプレートを追加いたしました。
    山洋電気社製 UPS のホストテンプレートを追加いたしました。
    住友電気工業社製 Optigate SP3 シリーズのホストテンプレートを追加いたしました。
    大井電気社製 ODN158 のホストテンプレートを追加いたしました。
    大井電気社製 ODN352 シリーズのホストテンプレートを追加いたしました。
    日立金属社製 Apresia16000 シリーズのホストテンプレートを追加いたしました。
    日立金属社製 GMC シリーズのホストテンプレートを追加いたしました。
    富士通社製 NDT シリーズのホストテンプレートを追加いたしました。
  2. テンプレート内容の修正

    Cisco 製品の監視項目 SLA HTTP Detail 、Docs CM on CMTS 、Docs CM on Channel のグラフ表示を線から塗りつぶしに修正いたしました。
    Cisco Airespace の監視項目 CPU Use Rate 、Memory Use Rate に対するグラフ名称の取得方法を変更いたしました。
    F5 Big-IP の監視項目 CPU Utilization TM に関するグラフの表示桁数を修正いたしました。
    Fujitsu ETERNUS の監視項目 CA IOPS Access のグラフ単位表示を変更いたしました。
    HP A5500 のホストテンプレート名称を変更いたしました。
    ISA DN4100 の監視項目 Humidity Sensor 、Ampere Outlet v 1.0 、Power Factor Outlet v 1.0 が正しくグラフ描画されるように修正いたしました。
    ISA DN4100 のホストテンプレート名称を変更いたしました。
    NEC PFS の監視項目 Memory Utilization for PFS 、Power Consumption に対するグラフ名称の取得方法を変更いたしました。
    一部グラフ名称を変更いたしました。

【その他変更点】

  1. 今回のバージョンアップにおけるその他変更点はありません。

【アップデートに関して】

  1. アップデートの際に、アラート状態の事象で再度アラートの通知がおこなわれる場合があります。ご了承願います。

  2. アップデート処理後に「 Update Succeeded!! 」が表示されない場合、正常にアップデートが終了していない可能性があります。再度アップデートをおこなってください。

アップデート時の注意

※ v 01.20.00 以降へのアップデートは、v 01.18.71 からのみおこなえます。v 01.18.71 より古いバージョンの場合、v 01.18.71 へアップデートをおこなう必要がございます。

※ v 01.18.00 以降へのアップデートは、v 01.17.20 からのみおこなえます。v 01.17.20 より古いバージョンの場合、v 01.17.20 へアップデートをおこなう必要がございます。

  1. アップデート中、停止と起動をおこなうサービスがあります。

    ・データ更新サービス

    ・各監視サービス

    ・アラート通知サービス

    ※ アップデート中はアラートの通知がおこなわれません。

  2. v 01.12.00 以前をお使いの場合、アラート機能が変更されるため、過去のアラート情報の参照ができなくなります。

    ・アップデート前のアラート情報が削除されます。

    ※ ダウンロード機能により、ダウンロードが可能です。
    ※ アラートの通知方法やメールテンプレートの修正・変更などはおこなわれません。

  3. Web サービスの機能が変更されるため、グラフが正常に表示できない、System Answer Reporter から正常に接続できなくなる場合があります。

    正常に接続できない場合は、Web サービスの再起動をおこなってください。

  4. アップデートファイルからのアップデートをおこなう場合に、正常にアップデートが開始しない場合があります。

    Web サービスの機能上、ファイルを選択しアップデートをおこなっても、画面上に何もメッセージを表示せずアップデート処理が終了する場合があります。この現象が発生した場合は、Web サービスの再起動をおこなってください。

以上

お電話でのお問い合わせ
受付 9:30〜17:30(平日)
トップに戻る
上に戻る