VMware/サーバー/ネットワーク監視ツール
UPDATE
2015.05.19

Ver 02.11.00 リリース

Ver 02.11.00 リリースノート

バージョン

v 02.11.00

リリース日

2015/05/19

【新機能】

  1. CentOS 7.1.1503 対応(ソフトウェア)

    CentOS 7.1.1503 環境でもSystem Answer G2 をご利用頂けるように致しました。

  2. Hypervisor 監視のカスタムテンプレート

    ESX およびゲストOS の監視項目テンプレートを作成し、一括で登録できる機能を追加致しました。

  3. カスタムテンプレートの名称登録

    カスタムテンプレートに任意の名称を登録できる機能を追加致しました。
    また、カスタムテンプレートを適用したホストに登録した名称が表示されます。

  4. システム稼働通知(アプライアンス)

    サービスの稼働状況およびライセンスの有効期間を、サービス起動/停止/再起動が発生したタイミングや任意のスケジュール(毎日または毎週)で通知できる機能を追加致しました。

  5. パッチ適用機能(アプライアンス)

    弊社が提供するパッチを適用できる機能を追加致しました。

【機能拡張】

  1. satemplate インストール時のWarning メッセージ強調表示(ソフトウェア)

    satemplate パッケージをインストールする際、データベースに接続できない場合や特定のサービスが起動していない場合のWarning メッセージを赤文字で強調表示するように致しました。

  2. アラート画面のプルダウン表示

    アラート画面でプルダウンから20、50、100 件毎にアラートを表示できる機能を追加致しました。

  3. インターフェースステータス監視とSNMP 監視のアラート表示

    インターフェースステータス監視とSNMP 監視の両方を登録している状態で、SNMP の疎通不可などでタイムアウトとなる場合、アラート画面でインターフェースステータス監視の分類を赤色で表現するように致しました。
    また、グラフ画面のインターフェースステータス監視で監視状態を「host timeout」と表示するように致しました。
    「host timeout」の表示は、アラートの初回発生日時より30 日以上を経過すると表示されなくなります。

  4. インターフェース表示の最大値

    最大5000 インターフェースまで表示できるように致しました。

  5. グローバルベースライン停止設定

    グローバルベースラインのデータ送信を停止する設定を追加致しました。

  6. コマンド通知の変数追加(ソフトウェア)

    コマンド通知で監視項目のデータソース名を表示できる変数を追加致しました。

  7. バージョンアップ時のチェック機能(アプライアンス)

    バージョンアップ時に既存のバージョンチェックを行い、特定バージョン以外のパッケージでアップデートを行うと処理に失敗するように致しました。

  8. メンテナンススクリプト同梱(ソフトウェア)

    すべてのRPM パッケージにrollLog.sh、checkSpace.sh というメンテナンススクリプトを同梱するように致しました。

  9. 名称監視時のGetBulk パラメータ変更

    名称監視(Key 監視)のGetBulk パラメータを変更するように致しました。

【仕様変更】

  1. DNS 設定が不正だった場合の挙動(アプライアンス)

    DNS 設定が不正だった場合にルーティング情報や時刻同期情報の表示に時間が掛かっていたのを改善致しました。

  2. ESX アカウントおよびパスワードの一括変更

    ESX のアカウントをプルダウンより変更できるように致しました。
    またESX に紐付いているユーザーのアカウント名およびパスワードを変更すると、一括で変更したアカウント情報へ反映できるようになりました。

  3. 監視エンジンのMAC アドレス文字変換(ソフトウェア)

    監視エンジン設定でMAC アドレスを大文字で登録した場合、大文字から小文字へ自動変換するように致しました。

  4. グローバルベースライン使用約款の内容変更

    グローバルベースライン使用約款の内容変更および英語表示の約款を追加致しました。

  5. トポロジーMAP の画面サイズ

    トポロジーMAP の画面サイズを縮小しブラウザ画面に収まるように変更致しました。

  6. ホスト表示で利用できる記号

    ホスト表示名で _(アンダースコア)が利用できるように変更致しました。

【不具合修正】

  1. /32 のスタティックルート編集・削除(アプライアンス)

    対象:
    02.10.10 以降のバージョン
    事象:
    /32 で登録したスタティックルートを管理画面やコンソール画面から編集・削除ができない。
    対策:
    /32 で登録したスタティックルートを管理画面で削除、コンソール画面で編集・削除ができるように致しました。
  2. 5000 インターフェースを超える監視項目のしきい値テンプレート設定

    対象:
    02.10.12 以前のバージョン
    事象:
    5000 インターフェースを超える監視項目をしきい値テンプレートで設定しても、すべてのインターフェースにしきい値が入らない。
    対策:
    10000 インターフェースまでしきい値テンプレートで設定しても、すべてのインターフェースにしきい値設定が入るように致しました。
  3. DNS 設定変更後アプリケーションのサービス再起動が行われない(アプライアンス)

    対象:
    02.10.12 以前のバージョン
    事象:
    DNS 設定変更後アプリケーションのサービス再起動が行われず、変更前のDNS 設定情報でアプリケーションが動作する。
    対策:
    DNS 設定変更後アプリケーションのサービス再起動を行うようにし、変更後のDNS 設定情報でアプリケーションが動作するように致しました。
  4. Hypervisor 監視でESX 4.0 の監視登録ができない

    対象:
    02.10.12 以前のバージョン
    事象:
    ESX 4.0 のホスト登録後、「設定」アイコンが非表示で監視登録できない。
    対策:
    「設定」アイコンが表示されて監視登録できるように致しました。
  5. Hypervisor 監視のインターバル変更

    対象:
    02.10.12 以前のバージョン
    事象:
    ESX の監視インターバル変更後、新しくゲストOS の監視項目を登録すると変更した監視インターバルが適用されない。
    対策:
    新しくゲストOS の監視項目を登録しても変更した監視インターバルが適用されるように致しました。
  6. IfOperstatus が有効なインターフェース監視の一括登録

    対象:
    02.10.12 以前のバージョン
    事象:
    IfOperstatus を有効にしてトラフィックなどインターフェース監視の一括登録を行うと 本来無効なインターフェースのステータスに「0」を登録するところ「2」で登録していた。 ステータスに「2」が登録されていても監視動作に影響はありませんでした。
    対策:
    IfOperstatus を有効にしてトラフィックなどインターフェース監視の一括登録を行うと無効なインターフェースのステータスに「0」を登録するように致しました。
  7. IPv6 アドレスのマルチバイト入力(アプライアンス)

    対象:
    02.10.12 以前のバージョン
    事象:
    装置IP アドレス設定のIPv6 アドレス入力でマルチバイトの文字を登録するとIP アドレス情報が消えてしまう。
    対策:
    装置IP アドレス設定のIPv6 アドレス入力でマルチバイトの文字が登録できないように致しました。
  8. vMotion を行ったゲストOS のID が変わる

    対象:
    02.10.10 以降のバージョン
    事象:
    監視登録を行ったゲストOS がvMotion で移動すると意図しないID を割り当てられる。
    System Answer G2内部で管理していないIDを割り当てられると、正常に監視できない場合がある。
    対策:
    監視登録を行ったゲストOS がvMotion で移動しても正しいID が割り当てられるように致しました。
  9. アラート画面にタイムアウトが残る

    対象:
    02.10.12 以前のバージョン
    事象:
    samond で監視した結果が期待しない内容だとアラート画面にタイムアウトが残る場合がある。
    対策:
    samond で監視した結果が期待しない内容でもアラート画面にタイムアウトが残らないように致しました。
  10. エラーパケットなど最大値が無い監視項目のインターフェース再検索

    対象:
    02.10.12 以前のバージョン
    事象:
    エラーパケットなど最大値が無い監視項目のインターフェース再検索を行うとインターフェースの帯域幅が最大値として登録される。
    対策:
    エラーパケットなど最大値が無い監視項目のインターフェース再検索を行ってもインターフェースの帯域幅が最大値として登録されないように致しました。
  11. エンジンで重複したMAC アドレスが登録できる(ソフトウェア)

    対象:
    02.10.12 以前のバージョン
    事象:
    監視エンジン設定、トラップエンジン設定、シスログエンジン設定で重複したMAC アドレスのエンジン登録が行える。
    対策:
    監視エンジン設定、トラップエンジン設定、シスログエンジン設定で重複したMAC アドレスのエンジン登録が行えないように致しました。
  12. カスタムテンプレートで監視項目が存在しないカテゴリ

    対象:
    02.10.12 以前のバージョン
    事象:
    監視項目が存在しないカテゴリで「登録」ボタンをクリックするとカスタムテンプレートで設定した監視項目のチェックがすべて外れる。
    対策:
    監視項目が存在しないカテゴリの「登録」ボタンを非表示に致しました。
  13. グローバルベースライン使用約款同意後の挙動(アプライアンス)

    対象:
    02.09.00 以降のバージョン
    事象:
    グローバルベースラインの使用約款に同意しても送信スケジュールが読み込まれずデータ送信が行われない。
    グローバルベースラインの使用約款に同意後、02.09.10 以降のバージョンにアップデートした際やアプライアンス自体の再起動を行った場合に送信スケジュールが読み込まれデータ送信が行えるようになっていました。
    対策:
    グローバルベースラインの使用約款に同意すると送信スケジュールが正常に読み込まれるように致しました。
  14. ステータス監視アラート出力時のグラフリンク

    対象:
    02.10.12 以前のバージョン
    事象:
    アラート画面でステータス監視のアラートが出力している場合、該当のアラートにグラフアイコンが表示される。
    対策:
    アラート画面でステータス監視のアラートが出力しても、該当のアラートにグラフアイコンを表示しないように致しました。
  15. ブックマークのグループ名が変更できない

    対象:
    02.10.12 以前のバージョン
    事象:
    ブックマークのグループ名を変更すると「グループ名が重複してます」と表示してグループ名の変更ができない。
    対策:
    ブックマークのグループ名を正常に変更できるように致しました。
  16. ホストの再検索でコメント欄に「0」が上書きされる

    対象:
    02.10.12 以前のバージョン
    事象:
    ホストの再検索やトポロジーMAP の自動探索のタイミングでコメント欄に「0」が上書きされる場合がある。
    対策:
    ホストの再検索やトポロジーMAP の自動探索のタイミングでコメント欄に「0」を上書きしないように致しました。
  17. ユーザー権限で表示されないグループがある

    対象:
    02.10.11 以前のバージョン
    事象:
    グラフ画面のツリービュー表示ですべてのグループ表示が行えない場合がある。
    対策:
    グラフ画面のツリービュー表示ですべてのグループ表示が行えるように致しました。
  18. 監視設定ファイルが無い場合のsamond の挙動

    対象:
    02.10.12 以前のバージョン
    事象:
    監視設定ファイルが無くなってもsamond で監視設定ファイルを読み込む挙動を行ってしまう。
    対策:
    監視設定ファイルが無くなるとsamond で監視設定ファイルを読み込まないように致しました。
  19. 設定画面の期待しない表示

    対象:
    02.10.12 以前のバージョン
    事象:
    設定画面で一部期待しない表示を行う。
    対策:
    設定画面で期待した表示を行うように致しました。

【テンプレート新規追加】

  1. A10 Networks 社製 AX Series の監視項目を追加致しました。
  2. Allied Telesis 社製 ARX640S の監視項目を追加致しました。
  3. Allied Telesis 社製 AT-DC2552XS の監視項目を追加致しました。
  4. Avaya 社製 VSP4000 の監視項目を追加致しました。
  5. Avaya 社製 VSP7000 の監視項目を追加致しました。
  6. CENTURY SYSTEMS 社製 Futurenet NXR シリーズの監視項目を追加致しました。
  7. F5 Networks 社製 Big-IP の監視項目を追加致しました。
  8. Fujikura 社製 FOAM シリーズの監視項目を追加致しました。
  9. FUJITSU 社製 NDT の監視項目を追加致しました。
  10. FXC 社製 LEX1000 シリーズの監視項目を追加致しました。
  11. Hitachi Metals 社製 Apresia キャリアシリーズの監視項目を追加致しました。
  12. Hitachi Metals 社製 GMC シリーズの監視項目を追加致しました。
  13. Infoblox 社製 Trinzic シリーズの監視項目を追加致しました。
  14. ISA 社製 DN4100ver1.1 の監視項目を追加致しました。
  15. Juniper Networks 社製 SRX シリーズの監視項目を追加致しました。
  16. Media Global Links 社製 MD8000 シリーズの監視項目を追加致しました。
  17. NTT Electronics 社製 プラスレピータアクセスシャーシの監視項目を追加致しました。
  18. NTT Electronics 社製 プラスレピータS4 の監視項目を追加致しました。
  19. NetApp 社製 DATA ONTAP 8.x の監視項目を追加致しました。※ 7-Mode のみホスト登録が可能です。
  20. Oi Electric 社製 ODN-158 の監視項目を追加致しました。
  21. Oi Electric 社製 ODN-352(GbE-2.4G コンバータ)の監視項目を追加致しました。
  22. SANYO DENKI 社製 UPS の監視項目を追加致しました。
  23. Sumitomo Electric Industries 社製 Optigate SP3 の監視項目を追加致しました。
  24. YAMAHA 社製 RTX3500 の監視項目を追加致しました。
  25. 標準MIB 項目ストレージ空き容量を追加致しました。
  26. コマンド監視項目(応答値が0 以上)を追加致しました。

【テンプレート変更】

  1. Cisco 製品の監視項目 SLA HTTP Detail、Docs CM on CMTS、Docs CM on Channel のグラフ表示を線から 塗りつぶしに変更致しました。
  2. 一部UPS 製品に関するEnterprise 番号を33 から0 に修正致しました。
  3. 以下監視項目名を37 文字以下に修正致しました。

    WLAN Packet System NonUnicast for AP4121
    WLAN Packet Collision 1 Retry for AP4131
    Memory Utilization TMM for Big-IP ver10.1
    SLB Connection Active Real Server Farm V2c

  4. Bandwidth Use Rate の監視項目で、インターフェース名称の優先順位が反映されていない問題を修正致しました。
  5. F5 Big-IP の監視項目CPU Utilization TM に関するグラフの表示桁数を変更致しました。
  6. CPU Utilization に関するIdle の色を統一致しました。
  7. Memory Utilization、Storage Utilizatoin の色を統一致しました。
  8. NEC PFS の監視項目Memory Utilization for PFS、Power Consumption に対するグラフ名称の取得方法を修正致しました。

【アップデートに関して】

  1. Software アップデート方法に関しては、SystemAnswerG2_Install をご参照ください。

  2. Appliance アップデート方法に関しては、SystemAnswerG2_Appliance_Basic をご参照ください。
    Appliance アップデートに使用するアップデートファイルは解凍できません。
    アップデートを行う場合は解凍せずにそのままファイルをご指定ください。

【アップデートに関する注意事項】

  1. System Answer G2 02.11.00 バージョンアップは、02.09.30 以降からバージョンアップが行えます。

  2. System Answer G2 02.09.20 以前からのバージョンアップを行った場合、システムが正常稼働しない問題が生じます。

  3. アラートを受諾している状態でアップデート処理を行うと、受諾していたアラートが再度通知される場合があります。

  4. ソフトウェア製品でサンプルスクリプトを利用されている場合、バージョンアップを行うとスクリプトが上書きされます。サンプルスクリプトを編集してご利用されている場合、事前にバックアップ頂くか「SystemAnswerG2_Install」を参照し必要箇所の設定変更を行って下さい。

    以下のスクリプトが対象です。
    /sa/scripts/rollLog.sh
    /sa/scripts/checkSpace.sh
    /sa/sql/maintenance/db_maintenance.sh
    /sa/sql/maintenance/db_vacuum.sh

  5. 仮想監視においてホストとグラフのリンクがずれたまま正常にグラフ表示できていない状態で02.10.10以降へアップデートを行うと以下の事象が発生する場合があります。

    ・仮想ホストやゲストが本来期待する場所に配置されない。
    ・一部グラフ表示ができないまま残っている。

    仮想ホストやゲストが期待しない場所に配置されていない場合、該当の仮想ホストを「仮想ホスト設定」や「vCenter 一括登録」より再登録または再検索頂くことで期待された場所に再配置されます。
    ただしリンクずれを起こした際にvMotion で別のホストに移動していたりパワーオフの状態であった場合、再登録または再検索を行っても期待された場所に再配置されないことがあります。
    期待された場所に再配置されない場合、仮想ホストまたはゲストを一旦削除し再検索および監視登録を行って頂く必要があります。

    グラフ表示ができないまま残っている場合、監視項目を再登録することで表示できます。
    監視項目を「追加」ボタンで登録できない場合、既に監視項目が検索済みの状態であるためグラフタイトルをクリックし各項目を削除してから再登録頂く必要があります。

以上

お電話でのお問い合わせ
受付 9:30〜17:30(平日)
トップに戻る
上に戻る