VMware/サーバー/ネットワーク監視ツール
UPDATE
2016.12.15

Ver 02.11.85 リリース

Ver 02.11.85 リリースノート

バージョン

v 02.11.85

リリース日

2016/12/15

【機能拡張】

  1. VMware Toolsのインストール(仮想アプライアンス)

    仮想アプライアンスにVMware Toolsをインストールするように致しました。

  2. タイムゾーンデータの更新(アプライアンス)

    西暦2017年のうるう秒を含んだタイムゾーンデータを更新するように致しました。なお、Ver 02.10.12以降でディストリビューションが推奨する時刻同期方法に変更しているためタイムゾーンデータを更新しない状態でうるう秒が挿入されても影響は受けません。

  3. メールユーザーのパスワード拡張

    メールユーザーのパスワードで「!」が利用できるように致しました。

  4. 監視ホスト一覧の検索項目追加

    監視ホスト一覧で登録済みのエンジンに紐づいているホストが検索できるように致しました。

【不具合修正】

  1. OpenSSL脆弱性の対応(アプライアンス)

    対象:
    02.11.80以前
    事象:
    SSL Death Alert脆弱性(CVE-2016-8610)に該当し、悪用された場合にDoS攻撃を受ける可能性がある。
    対策:
    脆弱性に該当するパッケージのバージョンアップを行うように致しました。
  2. Traffic Keyの最大値更新

    対象:
    02.11.80以前
    事象:
    Traffic Keyの監視項目でインターフェースの再検索を行ってもインターフェース速度を更新することができず自動調整のグラフ描画に反映されない。
    対策:
    インターフェースの再検索でインターフェース速度を更新するようにして自動調整のグラフ描画を行えるように致しました。
  3. カスタムテンプレートの意図しない監視追加

    対象:
    02.11.80以前
    事象:
    エンタープライズOIDを複数持つホストと一部OIDが重なるホストでそれぞれにカスタムテンプレートを作成して監視設定を適用すると意図しない監視が追加される場合がある。
    対策:
    カスタムテンプレートでそれぞれのホストに設定した監視項目が正しく適用されるように致しました。
  4. メールユーザーのパスワード

    対象:
    02.11.80以前
    事象:
    入力制限に記載のある ¥(バックスラッシュ)が利用できない。
    対策:
    ¥(バックスラッシュ)が利用できるように致しました。
  5. 仮想ゲスト移動後のブックマーク表示

    対象:
    02.11.80以前
    事象:
    ブックマークに登録している仮想ゲストのグラフがvMotionで別のホストに移動すると表示できなくなる。
    対策:
    ブックマークに登録している仮想ゲストのグラフがvMotionで別のホストに移動しても正常に表示できるように致しました。該当の事象が発生していた状態でアップデートが行われると、ブックマークに登録していた仮想ゲストのグラフとブックマークグループの紐付きが外れてグラフが表示できなかったり、アップデート前に表示できなくなったグラフが見えるようになる場合があります。
    紐付きが外れた場合、再度仮想ゲストのグラフとブックマークグループの紐付きを行っていただくとvMotionで別のホストに移動しても正常にグラフが表示できるようになります。
  6. 特定条件のホスト登録失敗

    対象:
    02.11.80以前
    事象:
    特定条件のホストを登録すると稀にIPアドレスの情報が入らず「設定」ボタンを押して監視設定を行えない場合がある。
    対策:
    特定条件のホストを登録しても正常に監視設定が行えるように致しました。

【テンプレート新規追加】

  1. Arbor Networks 社製 Arbor Networks SP、TMS の監視項目を追加致しました。
  2. Cisco Systems 社製 ASR の監視項目を追加致しました。
  3. Dell 社製 Dell Networking シリーズ の監視項目を追加致しました。
  4. Fortinet 社製 FortiSandbox の監視項目を追加致しました。
  5. Hewlett Packard Enterprise 社製 スイッチ の監視項目を追加致しました。
  6. Ixia 社製 Net Tool Optimizer の監視項目を追加致しました。
  7. NetApp 社製 NAS の監視項目を追加致しました。
  8. Net-SNMP の プロセス関連の監視項目を追加致しました。
  9. PANDUIT 社製 ラックエナジーキット の監視項目を追加致しました。
  10. アライドテレシス株式会社 製 Xシリーズ の監視項目を追加致しました。
  11. アラクサラネットワークス株式会社 製 AX8000シリーズ、AX1250S の監視項目を追加致しました。
  12. セイコーソリューションズ株式会社 製 NS-2250 の監視項目を追加致しました。
  13. 株式会社フルノシステムズ 製 ACERAシリーズ の監視項目を追加致しました。
  14. 株式会社東芝 製 TSW-106 の監視項目を追加致しました。
  15. 古河電気工業株式会社 製 FITELnetシリーズ の監視項目を追加致しました。
  16. 大電株式会社 製 DNHDシリーズ の監視項目を追加致しました。
  17. 日本電気株式会社 製 QX の監視項目を追加致しました。

【テンプレート変更】

  1. Cisco Systems 社製 Nexusシリーズ の一部監視項目が正常に取得できる様に修正致しました。
  2. Juniper Networks 社製 Junos OS の一部監視項目の名称を修正致しました。
  3. Raritan 社製 PCR8-15 の一部監視項目が正常に取得できる様に修正致しました。
  4. Ruckus Wireless 社製 Ruckus SmartZone の監視項目が正常に取得できる様に修正致しました。
  5. VMware社製 一部監視項目が正常に取得できる様に修正致しました。
  6. 中央電子株式会社 製 ND-EW04 の一部監視項目が正常に取得できる様に修正致しました。

【アップデートに関して】

  1. Softwareアップデート方法に関しては、SystemAnswerG2_Installをご参照ください。

【アップデートに関する注意事項】

  1. Softwareアップデートでパッケージを適用し一連のサービスを起動した後に「設定反映」の「監視設定反映」を実施しないと監視が行われないことがあります。
  2. System Answer G2 02.11.85バージョンアップは、02.09.30以降からバージョンアップが行えます。
  3. System Answer G2 02.09.20以前からのバージョンアップを行った場合、システムが正常稼働しない問題が生じます。
  4. アラートを受諾している状態でアップデート処理を行うと、受諾していたアラートが再度通知される場合があります。
  5. ソフトウェア製品でサンプルスクリプトを利用されている場合、バージョンアップを行うとスクリプトが上書きされます。サンプルスクリプトを編集してご利用されている場合、事前にバックアップ頂くか「SystemAnswerG2_Install」を参照し必要箇所の設定変更を行って下さい。

    以下のスクリプトが対象です。
    /sa/scripts/rollLog.sh
    /sa/scripts/checkSpace.sh
    /sa/sql/maintenance/db_maintenance.sh
    /sa/sql/maintenance/db_vacuum.sh

  6. 仮想監視においてホストとグラフのリンクがずれたまま正常にグラフ表示できていない状態で02.10.10以降へアップデートを行うと以下の事象が発生する場合があります。

    ・仮想ホストやゲストが本来期待する場所に配置されない。
    ・一部グラフ表示ができないまま残っている。

    仮想ホストやゲストが期待しない場所に配置されていない場合、該当の仮想ホストを「仮想ホスト設定」や「vCenter一括登録」より再登録または再検索頂くことで期待された場所に再配置されます。
    ただしリンクずれを起こした際にvMotionで別のホストに移動していたりパワーオフの状態であった場合、再登録または再検索を行っても期待された場所に再配置されないことがあります。
    期待された場所に再配置されない場合、仮想ホストまたはゲストを一旦削除し再検索および監視登録を行って頂く必要があります。

    グラフ表示ができないまま残っている場合、監視項目を再登録することで表示できます。
    監視項目を「追加」ボタンで登録できない場合、既に監視項目が検索済みの状態であるためグラフタイトルをクリックし各項目を削除してから再登録頂く必要があります。

  7. Ver 02.11.80から、アプライアンス製品にてHTTPS接続が「TLS 1.2」のみに制限されています。ご利用いただいているクライアントOSのバージョンによっては「TLS 1.2」の接続に対応していないこともあります。
    「TLS 1.2」に対応した環境を用意するか、アップデートを行う前にSystemAnswerG2_Appliance_Basicマニュアル内の「装置基本設定 – 装置SSL接続設定」を参照し、SSL接続を無効に設定した状態でバージョンアップを行ってHTTP接続にてご利用ください。

以上

お電話でのお問い合わせ
受付 9:30〜17:30(平日)
トップに戻る
上に戻る