VMware/サーバー/ネットワーク監視ツール
PRODUCT

オプション

System Answer G2 のオプションについてご紹介いたします。

基本オプション

標準機能とオプション機能の比較についてはラインアップをご確認ください。
Datacenter Ware ではすべての基本オプションが標準機能として実装されています。
(Log Option と Quality Analyzer Option は別途購入が必要です)

Hypervisor オプション

Hypervisor 監視(API 監視)

VMware vSphere API を使用し、ハイパーバイザー (ESX) およびゲスト OS のリソース状況を監視します。
CPU やネットワーク帯域だけでなく、Disk I / O や Disk 遅延(レイテンシー)といった、仮想環境でトラブルの発生しやすい Disk 関連の詳細監視や、メモリーバルーン(Ballooning) などの VMware のゲスト環境独自のメモリー情報を含め、SNMP 監視などと同様に 1 分間隔の詳細な監視が可能です。

Hypervisor 表示機能

多数の仮想ホストやゲストの性能状態を分かりやすく把握するために、さまざまなグループでの稼働状態や負荷状況の表示、ダッシュボード画面による一覧表示、詳細なリソース変動を把握するためのグラフ表示機能を提供します。
物理環境、仮想環境ともに、統一したインターフェイスにより、運用負荷を増やすことはありません。
また、サマリー機能を活用することで、仮想環境全体から負荷の高いゲストを確認するといった、管理者が知りたい情報に簡単にアクセスするための機能も搭載しています。

Topology オプション

Topology 探索

定期的にトポロジー状態を検索します。接続変更による G2 上のトポロジー構成を自動で変更することはもちろんのこと、新たに接続されたホストを、自動的に G2 の監視ホストに登録し、監視への運用負荷を軽減します。

Topology 表示機能

ネットワーク上を自動で探索し、L3 ならびに L2 トポロジー構成を作成し、WebGUI で表示します。
性能監視機能と連携し、トラフィック分布やアラート発生状態を表示することも可能で、システム全体の可視化を分かりやすい画面で提供します。

API オプション

API 機能

System Answer G2 で取得した性能監視情報を、お客様のポータルサイトやアプリケーション上で公開することができる連携機能です。性能情報、グラフ画像、レイテンシーグラフ画像、CSV 出力データといった、さまざまな情報を取得することが可能です。

API 表示機能

監視対象ホスト情報、監視設定、設定性能情報、グラフ画像、レイテンシーグラフ画像、CSV データといった、さまざまな情報を取得することができます。

自動レポート出力

定期診断レポートや設備投資計画用のデータ資料として、System Answer G2 で収集した性能監視情報から、word 形式で自動的にレポートを作成することができます。

トラップオプション

トラップ監視

各ホストからの SNMP トラップを受信し、トラップアラート画面への表示や、メール・回転灯へのアラート通知をおこないます。

トラップ表示機能

受信した SNMP トラップごとの受諾や発生日時、IP アドレスでの検索がおこなえ、ホスト名、ベンダー名、トラップ種別、トラップ詳細といった情報を表示できます。トラップ種別ごとに非表示を含む 5 段階のレベル設定が可能です。

Syslog オプション

Syslog 監視

各ホストからのシスログを受信し、シスログ画面への表示をおこなうことができます。また、正規表現キーワードに一致したメッセージをメールや回転灯へアラート通知することができます。

Syslog 表示機能

受信したシスログを、任意の期間、ホスト名、ファシリティ、プライオリティ、プログラム名、メッセージでフィルタした情報で表示できます。
画面に表示したシスログを CSV ファイルでエクスポートすることもできます。

Log Option

シスログ / トラップ や Windows / NetApp / VMware などの各種システムログを収集し、
横断的な分析やリアルタイム検知・通知が可能です。性能管理とログ管理の連携により、
可用性と安全性を兼ね備えた健全なシステム運用が可能となります。

統合ログ管理システムの必要性

あらゆるシステム上、拠点上に点在するログの中から必要なものを漏れなくすべて取得し、さらにフォーマットが異なるログを統合的に扱うには極めて高いノウハウ・経験が必要で、これを独自に構築することは容易ではありません。
それを解決するツールとして登場したのが統合ログ管理システムであり、増え続けるログ管理負荷の軽減、ログ管理の属人化の排除、ログの適切な可視化など、ログ管理に関するさまざまな課題を解決します。

Log Option の機能

統合ログ管理システムが備える機能の一覧

機能 概要 Log Option 対応機能
ログの一元管理機能 あらゆる箇所に点在するログを自動収集・一元管理する機能 ログ収集・保管機能
ログの保護機能 収集したログの暗号化、および保管ログに対する改ざんを検出する機能 ログ収集・保管機能
ログの長期・圧縮保管機能 収集したログをアクセス可能な形で圧縮・保管する機能 ログ収集・保管機能
ログ形式の吸収機能 異なるフォーマットのログに対して意味付け・タグ付けをおこない、横断的な検索・分析がおこなえるよう管理する機能 管理機能
ログに対するアクセス制限機能 グループ・ユーザーごとに、ログに対するアクセス許可・不許可を設定する機能 管理機能
ログの検索・分析機能 収集したログに対する検索・分析をおこなう機能 検索機能
集計機能
リアルタイムアラート機能 異常を示すログを収集した際、アラートを挙げる機能 検知機能
定期レポート出力機能 ログ分析レポートを定期的に自動出力する機能 レポート機能

どんなログでも管理可能

多様なログ収集方式と柔軟なログフォーマット定義機能により、ログの分析が自由自在におこなえます。

  • ログフォーマット定義ウィーザード機能により、視覚的に定義の作成が可能
  • プレビュー機能により、ログフォーマット定義の事前検証が可能
  • インポート / エクスポート機能により、ログフォーマット定義の更新・追加が可能

ログの横断検索機能

ログの横断検索機能は、異なるシステム・フォーマットのログを統合し、それらを横断的に検索できる機能です。
IP アドレスやユーザー ID などを指定して横断検索をおこなうことにより、その端末やユーザーが、自社システム環境でどのような活動をおこなったのか、時系列で確認できます。

ログの追跡機能

ログの追跡機能は、検索結果で表示されるログに対して、クリック操作で絞込検索をおこなう機能です。

System Answer G2 との連携

障害発生時には、原因箇所の迅速な特定と、早期対応、そして再発防止策の的確な実施が求められます。そのためには、日頃からの性能監視による情報収集と影響範囲の特定、加えて該当システムに関する詳細なログ情報の管理が重要なポイントとなります。

さまざまなセキュリティ監査に対応可能

  • 個人情報保護法
  • 金融商品取引法
  • マイナンバー / 番号法
  • 不正アクセス禁止法
  • サイバーセキュリティ基本法
  • クラウドセキュリティガイドライン
  • APT / 標的型攻撃
  • 内部犯行による情報漏洩
  • プライバシーマーク
  • ISO27001 / ISMS
  • PCI DSS

Quality Analyzer Option

経路上を流れるパケットを計測し、ネットワークの詳細な利用状況を把握することができるオプションです。
このオプションをご利用いただくことで、サービスごとのトラフィック量や、拠点ごとのアプリ遅延状況といった、
ネットワーク品質の詳細を可視化することが可能です。

System Answer G2 との連携

System Answer G2 と Quality Analyzer Option を連携することにより、ネットワーク品質に関する MIB 情報を取扱うことができるようになります(トラフィック量、パケットロス率、コネクション数、RTT、アプリケーション遅延)。これらの情報を元に、障害範囲の特定、セキュリティ対策の強化、ネットワーク品質の低下要因となるユーザーやアプリケーションの特定などが可能です。

Quality Analyzer Option の導入効果

トラフィックの詳細分析

導入前
帯域幅が逼迫していることが分かったため、増幅などの対処が必要か判断したい。
導入後
プロトコル別通信量を把握することで、不要な通信をしないよう社内周知をおこない、通信量を下げることができた。

サーバー別アクセス状況

導入前
本社ルーターが高負荷になっていた。リプレイスをすべきか判断したい。
導入後
全社員がアクセスする勤怠管理システムの通信量が多いことが判明。今後、利用者が増える予定のため、それを加味したスペック検討をおこなった。

遅延原因の切り分け

導入前
ユーザーから、本社サーバーへの通信が遅いと申告があり、原因調査をしたい。
導入後
TCP のラウンドトリップタイムを測定し、遅延箇所の切り分けを実施。一部ネットワーク機器のリプレイスをおこなった。

Quality Analyzer Option の活用例

通信内容の可視化

活用例 1

拠点ごとの通信内容・経路の把握

ランキング機能で、拠点間の通信状況をアプリケーション別に把握し、QoS の設定やネットワーク構成の検討に活用。

障害の防止

活用例 2

機器情報の傾向把握

性能情報と、通信品質情報を総合的に取得し、トレンドライン機能による推移分析を定期的に実施することによって、障害の予兆検知に活用。

アプリ遅延の早期対応

活用例 3

遅延箇所の特定

遅延原因の切り分けや、傾向分析をおこない、平常時からの乖離率に応じてアラートを通知。

お電話でのお問い合わせ
受付 9:30〜17:30(平日)
トップに戻る
上に戻る