VMware/サーバー/ネットワーク監視ツール
UPDATE
2015.09.16

Ver 02.11.30 リリース

Ver 02.11.30 リリースノート

バージョン

v 02.11.30

リリース日

2015/09/16

【機能拡張】

  1. MonitorEngine の動作ログ追加

    監視エンジン状態をログ出力できるように致しました。

  2. アラートメールの通知内容

    アラートメールの通知内容にカンマ区切り表示のパラメータを利用できるように致しました。

  3. しきい値順序表示

    しきい値設定画面の上限および下限しきい値の注意、警戒、警告の順序を記号で表すように致しました。

  4. 特定機器のホスト登録処理

    下記に記載する機器のホスト登録時、シリアル番号の特定を行わないように致しました。
    ・Cisco Nexus 7010
    ・Juniper SSG320

【仕様変更】

  1. httpd のSSL ログ出力(アプライアンスのみ)

    SSL 接続した際のログを出力できるように変更致しました。

  2. RPM パッケージアップデート時のサービス再起動処理(CentOS 5/6 のみ)

    RPM パッケージアップデート時、ini ファイルが存在していた場合のサービス再起動処理を行わないように変更致しました。次回バージョンより本修正内容が反映されます。

  3. System Answer G2 デーモンが利用するディレクトリパスの変更

    仮想マシン監視オプションおよびトラップ受信オプションで利用するディレクトリパスを変更致しました。
    本修正に伴いソフトウェアで利用できるメンテナンススクリプト(rollLog.sh、checkSpace.sh)の内容も変更されております。

  4. サポートログ拡張(アプライアンスのみ)

    サポートログに前日、当日日付の動作ログを含むように変更致しました。

  5. システム稼働通知のメールログ出力(アプライアンスのみ)

    システム稼働通知のメールログを出力できるように変更致しました。

  6. 大量にグループが存在する場合のグラフ表示時間

    大量にグループが存在する場合のグラフ表示およびアプリケーション連携オプションによるグラフ、CSVファイル出力の時間を短縮できるように変更致しました。

【不具合修正】

  1. IPv6 ホストの登録と監視設定ができない(CentOS 7.1.1503 のみ)

    対象:
    02.11.00 以降のバージョン
    事象:
    IPv6 アドレスに対してSNMP によるホストの登録と監視設定が行えない。
    対策:
    IPv6 アドレスに対してSNMP によるホストの登録と監視設定が行えるように致しました。
  2. LVM 環境でパーティションが作成されている場合のメンテナンススクリプトの挙動(ソフトウェアのみ)

    対象:
    02.11.10 以前のバージョン
    事象:
    LVM 環境で/sa などのパーティションが作成されている場合、メンテナンススクリプト(checkSpace.sh)の空き容量チェックが正しく行われない。
    対策:
    LVM 環境で/sa パーティションが作成されていても、メンテナンススクリプト(checkSpace.sh)の空き容量チェックが正しく行われるように致しました。
  3. samond.ini ファイル変更後、pid ファイルが更新されない(ソフトウェアのみ)

    対象:
    02.11.10 以前のバージョン
    事象:
    samond.ini ファイル変更後、pid ファイルが更新されずエンジンの状態が無効となる場合がある。
    対策:
    samond.ini ファイルを変更しても、samond のサービス再起動が行われないと変更内容を反映しないように致しました。
  4. System Answer G2 デーモンのサービス停止、再起動時の挙動(ソフトウェアのみ)

    対象:
    02.11.10 以前のバージョン
    事象:
    サービス停止、再起動時に正常にサービスが終了しない場合がある。
    対策:
    サービス停止、再起動時に正常にサービスが終了するように致しました。
  5. ゲストOS の注釈メモに期待しない文字が含まれる場合の挙動

    対象:
    02.11.10 以前のバージョン
    事象:
    仮想マシン監視で注釈メモに期待しない文字が含まれると、対象のゲストOS で監視登録が正常に行えない場合がある。
    対策:
    仮想マシン監視で注釈メモに期待しない文字が含まれても、対象のゲストOS で監視登録が正常に行えるように致しました。
  6. システム稼働通知のスケジュール設定がアップデート後に消える(アプライアンスのみ)

    対象:
    02.11.10 以降のバージョン
    事象:
    システム稼働通知のスケジュール設定を行っている状態でアップデートが行われた場合、スケジュール設定が消えてしまう。
    対策:
    システム稼働通知のスケジュール設定を行っている状態でアップデートを行ってもスケジュール設定が消えないように致しました。
  7. システム稼働通知のメール設定(アプライアンスのみ)

    対象:
    02.11.10 以降のバージョン
    事象:
    システム稼働通知のメール設定でメールサーバーアドレスにFQDN を登録できない。
    また、認証ユーザーが利用されている場合メール送信に失敗する。
    対策:
    システム稼働通知のメール設定でメールサーバーアドレスにFQDN を登録できるように致しました。
    また、認証ユーザーが利用されていてもメール送信できるように致しました。
  8. ホスト登録後のインターフェース情報(CentOS 7.1.1503 のみ)

    対象:
    02.11.00 以降のバージョン
    事象:
    SNMP で登録したホストが所有している各インターフェースのMAC アドレスがすべて同じになってしまう。
    対策:
    SNMP で登録したホストが所有している各インターフェースのMAC アドレスが一意となるように致しました。
  9. 標準MIB 監視項目のStorage Utilization Free Key 項目でグラフ表示が行えない

    対象:
    02.11.00 以降のバージョン
    事象:
    Storage Utilization Free Key 項目を追加ボタンで登録した場合、正常にグラフ表示が行えない。
    対策:
    Storgae Utilization Free Key 項目を追加ボタンで登録しても、正常にグラフ表示が行えるように致しました。

【テンプレート新規追加】

  1. Cisco Systems 社製 WLC の監視項目を追加致しました。
  2. D-Link 社製 DWS-3160 の監視項目を追加致しました。
  3. HUAWEI 社製 CE12800 の監視項目を追加致しました。
  4. HUAWEI 社製 S5720-32C の監視項目を追加致しました。
  5. アライドテレシス株式会社 製 AT-TQ の監視項目を追加致しました。
  6. 日本電気株式会社 製 QX-S5351P の監視項目を追加致しました。
  7. 日立金属株式会社 製 Apresia15000 の監視項目を追加致しました。
  8. 日立金属株式会社 製 ApresiaLight の監視項目を追加致しました。
  9. 古河電気工業株式会社 製 FITELnet-FX1 の監視項目を追加致しました。

【テンプレート変更】

  1. Cisco 社製 Airespace の監視項目 が監視登録できなかった不具合を修正致しました。
  2. 日立金属株式会社 製 にて実装している監視項目 のグラフ説明を修正致しました。

【アップデートに関して】

  1. Software アップデート方法に関しては、SystemAnswerG2_Install をご参照ください。

【アップデートに関する注意事項】

  1. System Answer G2 02.11.30 バージョンアップは、02.09.30 以降からバージョンアップが行えます。

  2. System Answer G2 02.09.20 以前からのバージョンアップを行った場合、システムが正常稼働しない問題が生じます。

  3. アラートを受諾している状態でアップデート処理を行うと、受諾していたアラートが再度通知される場合があります。

  4. ソフトウェア製品でサンプルスクリプトを利用されている場合、バージョンアップを行うとスクリプトが上書きされます。サンプルスクリプトを編集してご利用されている場合、事前にバックアップ頂くか「SystemAnswerG2_Install」を参照し必要箇所の設定変更を行って下さい。

    以下のスクリプトが対象です。
    /sa/scripts/rollLog.sh
    /sa/scripts/checkSpace.sh
    /sa/sql/maintenance/db_maintenance.sh
    /sa/sql/maintenance/db_vacuum.sh

  5. 仮想監視においてホストとグラフのリンクがずれたまま正常にグラフ表示できていない状態で02.10.10以降へアップデートを行うと以下の事象が発生する場合があります。

    ・仮想ホストやゲストが本来期待する場所に配置されない。
    ・一部グラフ表示ができないまま残っている。

    仮想ホストやゲストが期待しない場所に配置されていない場合、該当の仮想ホストを「仮想ホスト設定」や「vCenter 一括登録」より再登録または再検索頂くことで期待された場所に再配置されます。
    ただしリンクずれを起こした際にvMotion で別のホストに移動していたりパワーオフの状態であった場合、再登録または再検索を行っても期待された場所に再配置されないことがあります。
    期待された場所に再配置されない場合、仮想ホストまたはゲストを一旦削除し再検索および監視登録を行って頂く必要があります。

    グラフ表示ができないまま残っている場合、監視項目を再登録することで表示できます。
    監視項目を「追加」ボタンで登録できない場合、既に監視項目が検索済みの状態であるためグラフタイトルをクリックし各項目を削除してから再登録頂く必要があります。

以上

お電話でのお問い合わせ
受付 9:30〜17:30(平日)
トップに戻る
上に戻る