VMware/サーバー/ネットワーク監視ツール
UPDATE
2014.11.11

Ver 02.10.00 リリース

Ver 02.10.00 リリースノート

バージョン

v 02.10.00

リリース日

2014/11/11

【新機能】

  1. コマンド監視拡張(ソフトウェア)

    アプリケーション監視で最大10 個の複数データソースを1 つの監視項目でグラフ表示できる機能を追加致しました。

【機能拡張】

  1. sasendmail コマンドの使用方法(ソフトウェア)

    sasendmail コマンドのヘルプで表示されるオプション説明を追加致しました。

  2. アップデート処理のログ(アプライアンス)

    アップデート時のサービス起動/停止状態をログに出力するように変更致しました。

  3. しきい値テンプレートのリセット

    設定したしきい値をリセットできるように変更致しました。

  4. ステータス監視項目の拡張

    ステータス監視項目に対し、表示方法および監視方法を変更致しました。

  5. ブックマーク登録時のエラー

    ブックマーク登録時、上限を超えた際エラー通知を行うように変更致しました。

【仕様変更】

  1. sysName が存在しない機器のホスト登録

    sysName が存在しない機器もホスト登録できるように変更致しました。

  2. VM ホストのマージ処理

    VM ホストのマージ処理ができないように変更致しました。

  3. カスタムテンプレートのカテゴリ表示

    カスタムテンプレートでカテゴリ毎に監視項目を登録できるように変更致しました。

  4. カスタムテンプレートの対象ホストリスト

    カスタムテンプレートが適用可能なホストをリスト表示できるように変更致しました。

  5. コマンド監視のマイナス値表示(ソフトウェア)

    アプリケーション監視でマイナス値がグラフ表示できるように変更致しました。

  6. しきい値設定画面のインターフェース名称

    インターフェース検索後にグラフ説明横に表示されるインターフェース名称を、しきい値設定画面に表示できるように変更致しました。

  7. ホストのグループ紐付け

    ホストにグループ紐付けを行っていない場合、グレーアウトで表示するように変更致しました。

  8. ホスト登録時の一覧表示

    ホスト登録時の一覧が表示できるように変更致しました。

  9. ユーザー、デバイスの検索

    ユーザー、デバイスの検索ができるように変更致しました。

【不具合修正】

  1. Bash 脆弱性の対応(アプライアンス)

    対象:
    02.09.30 以前のバージョン
    事象:
    GNU Bash 脆弱性( CVE-2014-6271、CVE-2014-7169 )で攻撃者が一定の条件のもと細工した環境変数を使用し、不正なコマンドをリモートで実行できる可能性がある。
    対策:
    脆弱性に該当するパッケージのバージョンアップを行うように致しました。
  2. POODLE SSL 3.0 脆弱性の対応(アプライアンス)

    対象:
    02.09.30 以前のバージョン
    事象:
    POODLE SSL 3.0 の脆弱性( CVE-2014-3566 )でパスワードやクッキーにアクセスし、Web サイト上のユーザー情報を盗まれる可能性がある。
    対策:
    脆弱性に対応した設定を行いSSL 3.0 でアクセスできないように致しました。
  3. sysDescr に期待しない文字が含まれるホストの登録

    対象:
    02.09.30 以前のバージョン
    事象:
    sysDescr に期待しない文字が含まれているホストを登録すると正常に情報が登録されない。
    対策:
    sysDescr に期待しない文字が含まれているホストを登録しても正常に情報が登録できるように修正致しました。
  4. VM ゲストVMotion 時のホストID

    対象:
    02.09.30 以前のバージョン
    事象:
    VM ゲストがVMotion を行ってもホストID が変わらない。
    対策:
    VM ゲストがVMotion を行うとホストID が変わるように修正致しました。
  5. アラート、トラップタブの英語表示

    対象:
    02.09.30 以前のバージョン
    事象:
    アラート、トラップタブを英語表示すると一部文字が途切れる。
    対策:
    アラート、トラップタブを英語表示しても文字が途切れないように修正致しました。
  6. グラフID の再利用

    対象:
    02.09.30 以前のバージョン
    事象:
    監視項目を削除後、即座に別の監視項目を登録するとグラフID の再利用が行われ正常に値が入らない場合がある。
    対策:
    グラフID の再利用が行われても正常に値が入るように修正致しました。
  7. クロスサイトスクリプティング対策

    対象:
    02.09.30 以前のバージョン
    事象:
    悪意のあるユーザーにスクリプトを埋め込まれる可能性がある。
    対策:
    クロスサイトスクリプティングに対応したWeb ページに修正致しました。
  8. コマンドレスポンス監視の期待しないグラフ表示(ソフトウェア)

    対象:
    02.09.30 以前のバージョン
    事象:
    複数データソースのコマンドレスポンス監視で応答結果がミリ秒から秒へ変換されて期待しないグラフ表示となる。
    対策:
    複数データソースのコマンドレスポンス監視で正常にグラフ表示できるように修正致しました。
  9. タイムシフト表示

    対象:
    02.09.30 以前のバージョン
    事象:
    タイムシフトの過去グラフが正常に表示されない。
    対策:
    タイムシフトの過去グラフが正常に表示されるように修正致しました。
  10. 通知間隔変更後の期待しない画面表示

    対象:
    02.09.30 のみ
    事象:
    ユーザー/通知設定の通知間隔を、2 回以上変更した際に期待しない画面表示が行われる。
    対策:
    ユーザー/通知設定の通知間隔を、2 回以上変更しても期待しない画面表示が行われないように修正致しました。

【テンプレート新規追加】

  1. ALAXALA Networks 社製 AX4630S の監視項目を追加致しました。
  2. Anritsu Networks 社製 PureFlow GSX シリーズの監視項目を追加致しました。
  3. Barracuda Networks 社製 WAF シリーズの監視項目を追加致しました。
  4. Cisco Systems 社製 IP-SLA の監視項目を最大値、平均値、最小値のグラフを個別に登録できるように追加致しました。
  5. Cisco Systems 社製 ステータス監視項目を追加致しました。
  6. D-Link 社製 DGS シリーズの監視項目を追加致しました。
  7. F5 Networks 社製 Big-IP シリーズ ver11 の監視項目を追加致しました。
  8. F5 Networks 社製 Big-IP シリーズのステータス監視項目を追加致しました。
  9. Fujitsu 社製 ETERNUS DX S3 シリーズの監視項目を追加致しました。
  10. FXC 社製 LEX1930-00 の監視項目を追加致しました。
  11. VMware 社製 仮想ゲストの監視項目を追加致しました。
  12. 標準MIB の監視項目 SysUpTime を追加致しました。

【テンプレート変更】

  1. ステータス監視項目の拡張に伴い旧監視項目が削除されます。

    [ Cisco ] FAN Status、[ Cisco ] Voltage Status、[ Cisco ] Temperature Status

【アップデートに関して】

  1. Software アップデート方法に関しては、SystemAnswerG2_Install をご参照ください。

  2. Appliance アップデート方法に関しては、SystemAnswerG2_Appliance_Basic をご参照ください。

【アップデートに関する注意事項】

※Applianceでは02.10.00へバージョンアップ後、ログイン画面およびシステムアップデート画面に
 【!! Please Reboot !!】メッセージが表示されます。
 監視装置の再起動を行うことで脆弱性に該当するパッケージが適用されます。
 監視装置の再起動手順は「SystemAnswerG2_Appliance_Basic」または「SystemAnswerG2_Appliance_CLI」
 を参照下さい。

  1. System Answer G2 02.10.00 バージョンアップには、02.09.20 以降からバージョンアップが行えます。

  2. System Answer G2 02.09.10 以前からのバージョンアップを行った場合、システムが正常稼働しない問題が生じます。

  3. アラートを受諾している状態でアップデート処理を行うと、受諾していたアラートが再度通知される場合があります。

  4. ソフトウェア製品でサンプルスクリプトを利用されている場合、バージョンアップを行うとスクリプトが上書きされます。サンプルスクリプトを編集してご利用されている場合、事前にバックアップ頂くか「SystemAnswerG2_Install」を参照し必要箇所の設定変更を行って下さい。

    以下のスクリプトが対象です。
    /sa/scripts/rollLog.sh
    /sa/scripts/checkSpace.sh
    /sa/sql/maintenance/db_maintenance.sh
    /sa/sql/maintenance/db_vacuum.sh

以上

お電話でのお問い合わせ
受付 9:30〜17:30(平日)
トップに戻る
上に戻る