VMware/サーバー/ネットワーク監視ツール
UPDATE
2014.07.02

Ver 02.09.10 リリース

Ver 02.09.10 リリースノート

バージョン

v 02.09.10

リリース日

2014/07/02

【仕様変更】

  1. Response LDAP のSSL/TLS 設定非表示(アプライアンス)

    アプライアンスモデルのSSL/TLSの設定を非表示に変更致しました。

【不具合修正】

  1. OpenSSL脆弱性の対応(アプライアンス)

    対象:
    02.09.00以前のバージョン
    事象:
    ChangeCiphersSpec(CCS)脆弱性(CVE-2014-0224)に該当し、悪用された場合に暗号通信の情報が漏えいする可能性がある。
    対策:
    脆弱性に該当するパッケージのバージョンアップを行うように致しました。

【アップデートに関して】

  1. Softwareアップデート方法に関しては、SystemAnswerG2_Installをご参照ください。

  2. Applianceアップデート方法に関しては、SystemAnswerG2_Appliance_Basicをご参照ください。

【アップデートに関する注意事項】

※Applianceでは02.09.10へバージョンアップ後、ログイン画面およびシステムアップデート画面に
 【!! Please Reboot !!】メッセージが表示されます。
 監視装置の再起動を行うことで脆弱性に該当するパッケージが適用されます。
 監視装置の再起動手順は「SystemAnswerG2_Appliance_Basic」または「SystemAnswerG2_Appliance_CLI」
 を参照下さい。

※Softwareでは02.08.10からバージョンアップを行った場合、02.09.00の変更点が適用されます。
 変更点はVer 02.09.00 リリースノートを参照ください。
 02.09.00からバージョンアップを行った場合、機能および仕様に変更はありません。

  1. System Answer G2 02.09.10バージョンアップには、02.08.10以降からバージョンアップが行えます。

  2. System Answer G2 02.08.00以前からのバージョンアップを行った場合、システムが正常稼働しない問題が生じます。

  3. ソフトウェア製品でサンプルスクリプトを利用されている場合、バージョンアップを行うとスクリプトが上書きされます。サンプルスクリプトを編集してご利用されている場合、事前にバックアップ頂くか 「SystemAnswerG2_Install」を参照し必要箇所の設定変更を行って下さい。

    以下のスクリプトが対象です。
    /sa/scripts/rollLog.sh
    /sa/scripts/checkSpace.sh
    /sa/sql/maintenance/db_maintenance.sh
    /sa/sql/maintenance/db_vacuum.sh

以上

お電話でのお問い合わせ
受付 9:30〜17:30(平日)
トップに戻る
上に戻る