VMware/サーバー/ネットワーク監視ツール
UPDATE
2014.01.21

Ver 02.08.00 リリース

Ver02.08.00 リリースノート

バージョン

v 02.08.00

リリース日

2014/01/21

新機能

  1. Internet Explorer 11 対応

    Internet Explorer 11 の表示に対応致しました。

  2. シスログ受信オプション

    受信したシスログよりキーワードに一致したメッセージをアラート通知する機能を追加致しました。

機能拡張

  1. SNMP コミュニティ名の拡張

    SNMP コミュニティ名に「+」を入力出来るように追加致しました。

  2. [ Standard ] ストレージ 名称検索( Storage Key )監視の一括登録

    [ Standard ] ストレージ使用率(名称検索)( Storage Percent Key )および[ Standard ] ストレージ使用量(名称検索)( Storage Utilization Key )監視において 一括で登録出来るボタンを追加致しました。

  3. インターフェース検索のグラフ説明に関する検索順位

    インターフェース検索・登録時にグラフ説明に保存される名称(Alias / Name / Description)を指定出来るように追加致しました。

  4. インターフェース検索後の名称

    インターフェース検索後、指定された名称(Alias / Name / Description)で表示出来るように追加致しました。

  5. カスタムテンプレート拡張

    カスタムテンプレートにCPU Use Rate が追加出来るように致しました。

  6. セッション監視の一括チェック

    PALO ALTO NETWORKS 社製のネットワーク機器でセッション監視項目を登録する際に一括でチェック出来るボタンを追加致しました。

  7. メールテンプレートのリセット

    メールテンプレートで登録した内容を削除(リセット)出来るように追加致しました。

  8. 応答結果受信処理の拡張

    応答結果受信処理に60 秒以上の値を渡せるように致しました。

  9. 仮想監視の一括登録

    仮想ホスト・ゲスト監視に各監視項目を一括で登録出来るボタンを追加致しました。

  10. 仮想監視の項目数表示

    仮想ホスト・ゲスト監視で登録した項目数を表示出来るように追加致しました。

仕様変更

  1. Response DNS 監視項目登録後のポート番号表示

    Response DNS 監視を登録後、グラフ詳細( Graph Detail )に登録したポート番号が表示されるように変更致しました。

  2. Response TCP 監視項目登録後のポート番号表示

    Response TCP 監視を登録後、グラフ詳細( Graph Detail )に登録したポート番号が表示されるように変更致しました。

  3. インターフェースに記号が含まれていた場合の表示

    インターフェースのDescription に<>が含まれている場合、<>を除去して表示するように変更致しました。

  4. スマートビューのホスト名検索

    スマートビューでホスト名の検索が出来るように変更致しました。

  5. デフォルトスケジュールのチェック表示

    ユーザー/通知設定でスケジュールをデフォルト(空白)で登録した場合、全チェックボックスにチェックが入るように変更致しました。

  6. メール本文の改行

    アラート送信するメール本文の改行をLF からCRLF へ変更致しました。

不具合修正

  1. コマンド通知・監視のフルパス利用

    対象:
    02.05.00 以上のバージョン(アプライアンスは除く)
    事象:
    コマンド通知およびコマンド監視でフルパスでの登録、変更が出来ない。
    対策:
    コマンド通知およびコマンド監視にフルパスが利用出来るように修正致しました。
  2. トラップ通知OIDの修正

    対象:
    02.05.00以前のバージョン
    事象:
    しきい値(上限-注意)→しきい値(上限-タイムアウト)が発生した場合、異なるOID(上限-復旧)を通知。
    対策:
    トラップ通知のOIDを修正致しました。
  3. 仮想ゲストのグラフ表示

    対象:
    02.05.00
    事象:
    仮想ゲストに監視項目を設定した状態で削除後、再度同じ監視項目を登録した場合グラフが二重で表示される。
    対策:
    仮想ゲストを削除した場合、関連付いているグラフも削除するように修正致しました。
  4. 監視ホストのインターフェースの変更

    対象:
    02.06.00 以前のバージョン
    事象:
    監視ホスト登録後、インターフェースの変更が出来ない。
    対策:
    プルダウンで選択したインターフェースに変更出来るように修正致しました。
  5. 監視項目数の表示

    対象:
    02.06.00 以前のバージョン
    事象:
    監視項目数が監視登録を行っても正常に表示されない。
    対策:
    監視項目数が正常に表示されるように修正致しました。
  6. 初回ライセンス登録時の表示

    対象:
    02.06.00 以前のバージョン
    事象:
    初回ライセンス登録時にボタン押下後、変更前のホスト数/項目数が表示される。
    対策:
    登録したホスト数/項目数を表示するように修正致しました。
  7. 接続先インターフェースの表示

    対象:
    02.05.00 以降のバージョン
    事象:
    ホスト情報のインターフェース情報で接続先が表示されない。
    対策:
    インターフェース情報で接続先が表示されるように修正致しました。

テンプレート関連

  1. A10 Networks 社製 AX1000 の監視項目を追加致しました。

  2. Barracuda Network 社製 Spam-Virus Firewall の監視項目を追加致しました。

  3. Cisco Systems 社製Catalyst 6500 シリーズの監視項目を追加致しました。

  4. Mirapoint 社製 M700 の監視項目を追加致しました。

  5. NEC 社製 PF6800 v5.0.0.0 の監視項目を追加致しました。

  6. PIOLINK 社製 PAS シリーズの監視項目を追加致しました。

  7. Riverbed 社製Steelhead の監視項目を追加致しました。

  8. アライドテレシス社製 GS924M の監視項目を追加致しました。

  9. エスアイアイ・ネットワーク・システムズ社製 SmartEMT の監視項目を追加致しました。

  10. Array Networks 社製 Array TMX1100 の監視項目を修正致しました。

  11. NetApp 社製 NAS の監視項目を修正致しました。

  12. Fortinet 社製FortiAnalyzer シリーズ4.x の監視項目を修正致しました。

  13. 標準MIB の監視項目を修正致しました。

  14. 富士通株式会社製 ETERNUS の監視項目を修正致しました。

  15. 下記監視項目の負荷率が適切に表示されるように修正致しました。

    A10 Networks 社製AX1000
    ARUBA 社製Aruba800
    F5 社製Big-IP シリーズ
    ForeScout 社製CounterACT
    Foundry Networks 社製FastIron シリーズ
    Foundry Networks 社製NetIron シリーズ
    Foundry Networks 社製ServerIron シリーズ
    H3C 社製S3100
    HP 社製HP Insight Manager エージェント
    HP 社製HP ProCurve MSM710/410
    HP 社製HP-UX にバンドルされたSNMP エージェント
    HP 社製ProCurve switch シリーズ
    IBM 社製AIX
    McAfee 社製EWS
    McAfee 社製IntruShield
    NEC 社製ESMPRO エージェント
    NEC 社製IP8800 シリーズ
    NEC 社製QX シリーズ
    Net-SNMP
    Oracle 社製Oracle10g
    標準MIB
    富士通社製IPCOM S シリーズ
    富士通社製IPCOM EX シリーズ
    富士通社製ServerView エージェント

アップデートに関して

  1. Software アップデート方法に関しては、SystemAnswerG2ApplicationManual をご参照ください。

  2. Appliance アップデート方法に関しては、SystemAnswerG2ApplianceReferenceManual_Basic をご参照ください。

アップデート時の注意

※Appliance では、02.07.00以前からアップデートされた場合に[シスログ]タブに受信したシスログメッセージは表示されますが、メッセージのダウンロードを行われる場合、一度再起動する必要があります。

  1. System Answer G2 02.08.00 バージョンアップには、02.05.00 以降からバージョンアップが行えます。

  2. System Answer G2 02.04.00 以前からのバージョンアップを行った場合、システムが正常稼働しない問題が生じます。

以上

お電話でのお問い合わせ
受付 9:30〜17:30(平日)
トップに戻る
上に戻る