VMware/サーバー/ネットワーク監視ツール
UPDATE
2013.08.06

Ver 01.27.00 リリース

Ver01.27.00 リリースノート

不具合修正

1. データ更新処理のオーバーフロー
対象:v 01.26.10以前のバージョン
原因:一部監視項目(MIB定義のSYNTAXがCounter32、Counter64)で、取得したデータの差分計算を行う際、タイムアウトが発生した場合、差分計算が正常に行えず高い数値を算出し描画していました。
対策:タイムアウトが発生した際の計算方法を修正致しました。


新機能ならびに追加機能

1. 今回のバージョンアップにおける機能追加はありません。

仕様変更

1.今回のバージョンアップにおける仕様変更はありません。

テンプレート関連

1. HP社製 EVA6400 監視項目追加

2. Mirapoint社製M700 ホストテンプレート追加

3. SNMP Informant for Windows 監視項目追加

4. SNMP Informant for Windows IIS監視項目追加

5. 一部監視項目から100分率設定の除外対応

その他変更点

1. 今回のバージョンアップにおけるその他変更点はありません。

アップデートに関して

1. アップデートの際に、アラート状態の事象で再度アラートの通知がおこなわれる場合があります。
ご了承願います。

2. アップデート処理後に、「 Update Succeeded!! 」が表示されない場合、正常にアップデートが終了していない可能性があります。再度アップデートをおこなってください。

アップデート時の注意

※ v01.20.00以降へのアップデートは、v01.18.71からのみ行えます。v01.18.71より古いバージョンの場合、v01.18.71へアップデートを行う必要がございます。

※ v01.18.00以降へのアップデートは、v01.17.20からのみ行えます。v01.17.20より古いバージョンの場合、v01.17.20へアップデートを行う必要がございます。

1. アップデート中、停止と起動をおこなうサービスがあります。

  • データ更新サービス
  • 各監視サービス
  • アラート通知サービス

※アップデート中はアラートの通知がおこなわれません


2. バージョン01.12.00以前をお使いの場合、アラート機能が変更されるため、過去のアラート情報の参照ができなくなります。

  • アップデート前のアラート情報が削除されます

※ ダウンロード機能により、ダウンロードが可能です

※ アラートの通知方法や、メールテンプレートの修正・変更等はおこなわれません

3. Webサービスの機能が変更される為、グラフが正常に表示できない、System Answer Reporterから正常に接続できなくなる場合があります。

  • 正常に接続できない場合は、Webサービスの再起動をおこなって下さい。

4. アップデートファイルからのアップデートをおこなう場合に正常にアップデートが開始しない場合があります。

  • Webサービスの機能上、ファイルを選択しアップデートをおこなっても画面上に何もメッセージを表示せずアップデート処理が終了する場合があります。この現象が発生した場合は、Webサービスの再起動をおこなってください。

以上

お電話でのお問い合わせ
受付 9:30〜17:30(平日)
トップに戻る
上に戻る