VMware/サーバー/ネットワーク監視ツール
UPDATE
2013.06.27

Ver 02.05.00 リリース

System Answer G2 バージョンアップ情報

バージョン

v 02.05.00

リリース日

2013/06/27

新機能

1. System Answer G2 Reporter 対応
System Answer G2 Reporter を、ご利用いただけるよう機能実装致しました。
※System Answer G2 Reporter を利用される場合、Datacenter Ware またはEnterprise WareかつAPI オプションライセンスが必要です。

2. Red Hat Enterprise Linux 6.4 対応
Red Hat Enterprise Linux 6.4 環境でもSystem Answer G2 を、ご利用頂けるよう対応致しました。

機能拡張

1. アラート通知内容拡張
アラート通知内容に、グラフタイトル、凡例内容を含められる様に機能拡張致しました。

2. ISA 社警子ちゃんコマンド拡張
ISA 社警子ちゃんへのアラート通知として、SPOP 通知出来るよう機能拡張致しました。

3. ホスト検索時のタイムアウト設定
ホスト新規検索時に、ホスト検索におけるタイムアウト秒を設定できるよう機能拡張致しました。

4. SNMP 共通設定文字列拡張
SNMP 共通設定文字列に「=」「%」「半角スペース」を登録できるよう機能拡張致しました。

5. アプライアンスモデルのメールテンプレート
メール通知のメールテンプレートを初期化できるよう機能拡張致しました。

6. アプライアンスモデルのユーザー認証
ユーザー設定画面に、認証キーを設定できるよう機能拡張致しました。

7. アプライアンスモデルのWEB アクセス
アプライアンスモデルで、443、80 番ポートのアクセス方法を変更できるよう機能拡張致しました。

8. アプライアンスモデルのコンソールログ
saadmin/sarescue 操作時のログを、シスログに出力するよう機能拡張致しました。

仕様変更

1. vCenter 一括登録時の記号入力
vCenter 一括登録時のユーザー名、パスワードに記号が入力できるよう仕様変更致しました。

2. Interface Status 登録画面
Interface Status 登録画面のインターフェース名を変更できるよう仕様変更致しました。

3. テンプレート作成のタイムアウト処理
テンプレート作成ボタンを実行した際のタイムアウトまでの時間をホストのタイムアウト時間設定と同様になるよう仕様変更致しました。

4. ホスト検索時のMAC 判断
ホスト検索時のMAC アドレス応答として、最初にL3 VLAN MAC タイプだった場合でもホスト登録できるよう仕様変更致しました。

5. ホスト検索時のログ出力
ホスト検索時のログ出力先を、sa_http に仕様変更致しました。

6. 仮想ホスト上のゲスト削除
仮想ホスト監視で認識したゲスト情報を、ゲスト一覧から削除できるよう仕様変更致しました。

7. パッケージ適用時のログ出力先
sadb/satemplate アップデート時のログ出力先を、絶対パスで出力するよう仕様変更致しました。

8. アプライアンスモデルのCLI 文字変更
CLI ログイン時のAccess List 文言を変更致しました。

9. アプライアンスモデルの設定インポート
監視装置設定インポートの内容に、ブックマークとカスタムテンプレートをインポートできるよう仕様変更致しました。

不具合修正

1. トラップエンジンの状態表示
[ H3C / S3100 ] Memory Utilization 監視項目で、グラフに値が表示されない不具合を修正致しました。

2. トラップ受信不具合
SNMP Trap を受信しても、トラップタブに受信したトラップが表示されない不具合を修正致しました。

3. Response PING 登録
Response PING 監視項目が登録出来ない不具合を修正致しました。

4. Response FTP のポート番号違い
Response FTP 監視項目登録時のポート番号が、80 番となっていた為、21 番へ修正致しました。

5. ステータス無効監視項目のグラフ表示
アプリケーション、レスポンス監視項目で、項目のステータスを無効にしてもグラフが表示されていた不具合を修正致しました。

6. CentOS 6 系のエラーログ
CentOS 6 系で、rrdfilemond が情報更新した際に、意図されないエラーメッセージが出力されていた不具合を修正致しました。

7. ホストの表示名文字数
ホストの表示名文字数が「2~256」文字と表示されていた文字数を「3~256」文字に修正致しました。

8. 仮想タブのソート動作
仮想タブの「ホスト項目の推奨値」「ゲスト一覧」「ゲストの項目」でソートが動作しない不具合を修正致しました。

9. 仮想タブの項目表示
仮想ホストの項目で、取得していないカテゴリ―一覧が表示されている不具合を修正致しました。

10. ユーザーメールテンプレートの削除
ユーザーで設定したメールテンプレートが正常に削除されなかった不具合を修正致しました。

11. トラップデバイス登録の修正
アラート通知先のトラップデバイス登録時に、IP アドレスを入力していなくても登録が出来る不具合を修正致しました。

12. Disk Utilization for BIG-IP
Disk Utilization for BIG-IP 監視項目で、ディスクアロケーションが計算されていなかった不具合を修正致しました。

13. 01.21.00 で作成したグラフの最大値
01.21.00 バージョンで作成したグラフで、インターフェース速度の最大値が更新されてもグラフに反映されない不具合を修正致しました。

14. ツリービューの表示順番
ツリービューの一覧順番がアルファベット順となっていない不具合を修正致しました。

15. 自動更新処理のポップアップ
Microsoft Internet Explorer で、自動更新処理にチェックを入れている場合、自動更新時にポップアップが表示されていた不具合を修正致しました。

16. アプライアンスモデルのコンソール修正
アプライアンスモデルで、NTP とStatic Route が登録時に削除されてしまう不具合を修正致しました。

17. アプライアンスモデルのタイトル表示方法
装置表示設定のタイトル表示方法の表示内容を修正致しました。

18. アプライアンスモデルのインターフェース検索動作
装置表示設定のインターフェース検索動作で、ifAdminstatus が正常に動作していない不具合を修正致しました。

テンプレート関連

1. Blue Coat 社製のProxy SG 製品の監視項目を追加致しました。

2. Checkpoint 社製のCheckpoint Appliance 製品の監視項目を追加致しました。

3. Cisco Systems 社の監視項目に、CPU Use Rate Processor Sum を追加致しました。

4. CPU Use Rate Total Sum の監視項目を追加致しました。

5. Dell 社製のSonicWALL 製品の監視項目を追加致しました。

6. Enterasys 社製のS シリーズ製品の監視項目を追加致しました。

7. Fortinet 社製のForitage 製品の監視項目を追加致しました。

8. HP 社製EVA 製品の監視項目を追加致しました。

9. NetApp 社製のNetApp 製品の監視項目を追加致しました。

10. RADIUS Service Value の監視項目名称を変更致しました。

11. Ruckus 社のRuckus Wireless を追加致しました。

12. SLA UDP Jitter Pkt Loss SD のグラフ説明を修正致しました。

その他

1. BIG-IP 社のシリアルテンプレートOID を追加致しました。

2. IBC-SAG2-ALERT-MIB.my ファイルを更新致しました。

アップデートに関して

1.アップデート方法に関しては、System Answer G2 Application Manual をご参照下さい。

アップデートに関する注意事項

1.System Answer G2 02.05.00 バージョンアップには、02.03.00 以降からバージョンアップが行えます。

以上

お電話でのお問い合わせ
受付 9:30〜17:30(平日)
トップに戻る
上に戻る