VMware/サーバー/ネットワーク監視ツール
UPDATE
2013.05.08

Ver 02.04.00 リリース

System Answer G2 バージョンアップ情報

バージョン

v 02.04.00

リリース日

2013/05/08

新機能

1. CentOS 6.4 対応
02.04.00 バージョンにて、CentOS 6.4 環境でもSystem Answer G2 を利用頂けるよう対応致しました。

2. ベースライン取得サービス機能追加
ベースラインを取得するサービスとして、sabaselined を追加致しました。
監視項目設定にて、ベースラインのチェックが入っていない場合、sabaselined がRRD ファイルからベースライン情報の平均値を取得し情報を取得できるよう機能を追加致しました。

機能拡張

1. 監視エンジンのSNMP 設定拡張
監視エンジンのSNMP コミュニティ名が「public」以外の場合、SNMP コミュニティ名を設定できるよう設定画面を拡張致しました。

2. vCenter 一括登録拡張
vCeneter 一括登録を行う対象にVMware ESX 4.0 が存在している混在環境にて、一括登録が行えるよう機能を拡張致しました。

3. SNMP 共通設定の文字列拡張
SNMP 共通設定のコミュニティ名に「!」を登録できるよう機能を拡張致しました。

4. 仮想ホスト設定の登録拡張
仮想ホスト設定のベースライン設定を一括で行えるよう、一括ボタン機能を追加致しました。

5. アラート種別拡張
アラート種別に、コマンドタイムアウトとコマンド無応答を追加致しました。

仕様変更

1. アラート画面の検索拡張
アラートタブのホスト名検索で、完全一致から前方一致で検索できるよう機能拡張致しました。

2. rrdcached 起動シェルの変更
rrdcached の起動シェルをIBC 独自の起動シェルとしておりましたが、rrdtool の標準起動シェルにて起動するよう仕様を変更致しました。

3. Database メンテナンスシェル
Database をメンテナンスするシェルを拡張しテーブル単位でメンテナンス出来るよう仕様を変更致しました。

4. 仮想ホストのゲスト削除
仮想ホストのステータス項目にて、認識したゲストを削除出来るボタンを追加致しました。

不具合修正

1. トラップエンジンの状態表示
トラップサーバが冗長構成となっていた場合に、エンジンステータスが切り替わっても表示が残っている不具合を修正致しました。

2. DHCP Service Status 設定
DHCP Service Status 監視項目の画面上に、しきい値設定ボタンが表示されていた不具合を修正致しました。

3. 仮想タブの更新ボタン表示
Microsoft Internet Explorer をご利用の場合、仮想タブの更新ボタンを実行するとログイン画面が表示されていた不具合を修正致しました。

4. 仮想タブでの項目表示
仮想タブで表示される監視項目に、ステータスオフの監視項目も表示されていた不具合を修正致しました。

5. samond が参照するファイルサイズ
samond が動作した際に、参照する監視コンフィグファイルサイズが特定ファイルサイズだった場合、ファイルを読み込めず監視が行えない不具合を修正致しました。

6. トラップエンジンの表示
トラップライセンスが入っていないにも関わらず、設定画面上にエンジンステータスが表示されていた不具合を修正致しました。

7. sasendrsh のタイムアウト判断
sasendrsh が動作した際に、通信ができない場合正常にタイムアウトしていなかった不具合を修正致しました。

8. satrapalertd の通知判断
satrapalertd.ini の設定でMAIL_SEND_STATUS 判断が出来ていなかった不具合を修正致しました。

9. グラフ描画選択の規定値
グラフ描画の規定値からcustom を選択すると、トップ画面が表示されてしまう不具合を修正致しました。

10. 仮想ホストの表示不具合
仮想ホストをグループに関連付けていない場合、ランキング画面上のツリーに仮想ホストのランキングが表示されない不具合を修正致しました。

11. ライセンス有効期限表示
設定ボタンを表示した際のライセンス有効期限が異なった有効期限を表示していた不具合を修正致しました。

12. Apresia 監視項目
Apresia 監視項目のCPU Use Rate が検索できない不具合を修正致しました。

13. Response HTTP URI の登録動作
Response HTTP のURI に、設定した文字を削除した際に設定した文字が初期値となるように不具合を修正致しました。

14. Response HTTP Virtual Host Name の登録動作
Response HTTP のVirtual Host Name の登録時に、空白で保存できない不具合を修正致しました。

15. NetScreen の監視項目
NetScreen のLogical Packet 等の監視項目にて、削除ボタン、一括登録が出来なかった不具合を修正致しました。

16. ライセンスのチェック
監視ホストの追加、更新時に、ライセンスのホスト数をチェックしていなかった不具合を修正致しました。

テンプレート関連

1. VMware ESX のホスト・ゲストの監視項目を追加致しました。

2. Apresia 監視項目のテンプレートが検索できない不具合を修正致しました。

アップデートに関して

1. アップデート方法に関しては、System Answer G2 Application Manual をご参照下さい。

アップデートに関する注意事項

【仕様変更】

1. アプリケーションエラーが発生している状態でアップデートを実施した場合、データが取得できていなかったIndex でデータ取得が可能な状況になりますが、アプリケーションエラーの復旧通知が行えない為、アラートの受諾を行う必要があります。

以上

お電話でのお問い合わせ
受付 9:30〜17:30(平日)
トップに戻る
上に戻る