VMware/サーバー/ネットワーク監視ツール
UPDATE
2011.05.31

Ver 01.21.00 リリース

Ver01.21.00 リリースノート

新機能

1. シリアルコンソールならびにSSH からのWEB およびDataBase サービス再起動
シリアルコンソールならびにSSH から、WEB およびDataBase のサービスを再起動出来るよう、機能追加を致しました。

仕様変更

1. ログイン履歴の「ログイン失敗時のパスワード」表示変更
01.20.00 以前では、パスワード入力間違い等でログイン失敗した際に「ログイン履歴」にログイン失敗 時のパスワードを表示しておりましたが、01.21.00 ではパスワードの項目を表示しないよう変更致しま した。

2.メールアドレスの入力欄拡張
メールサーバーの「システムログ通知先メールアドレス」の入力制限を30 文字から64 文字に変更致し ました。
装置監視通知先設定の「メール通知先アドレス」の入力制限を30 文字から64 文字に変更致しました。

3. アラート送信履歴のページ表示
システムログの「アラート送信履歴」に表示されるアラート送信履歴は、最新の500件のみでしたがアラート送信数が多く内部でのログファイルが複数になった場合においても、ログファイル単位で最新の500件を表示出来るように変更致しました。
すべての情報を参照する場合は、画面上の「保存」ボタンにて500件以上のログをログファイル単位で保存出来るように変更致しました。

4. レスポンス監視の登録改善
レスポンス監視項目登録時の「監視項目名」において、標準表示名から異なる名称に変更する際に、一度登録後に編集で再登録が必要でしたが、新規登録時に、「監視項目名」を変更し登録出来るように変更致しました。

5. メールサーバー設定のユーザー名登録拡張
メールサーバー設定の「ユーザー名」に、「%」が入力出来るように変更致しました。

アップデート時の注意

※v01.20.00 以降へのアップデートは、v01.18.71 からのみ行えます。v01.18.71 より古いバージョンの場合、v01.18.71 へアップデートを行う必要がございます。

※v01.18.00 以降へのアップデートは、v01.17.20 からのみ行えます。v01.17.20 より古いバージョンの場合、v01.17.20 へアップデートを行う必要がございます。

1. アップデート中、停止と起動をおこなうサービスがあります。

  • データ更新サービス
  • 各監視サービス
  • アラート通知サービス
    ※アップデート中はアラートの通知がおこなわれません。

2. バージョン01.12.00以前をお使いの場合、アラート機能が変更されるため、過去のアラート情報の参照ができなくなります。

  • アップデート前のアラート情報が削除されます。
    ※ダウンロード機能により、ダウンロードが可能です。
    ※アラートの通知方法や、メールテンプレートの修正・変更等はおこなわれません。

3. Web サービスの機能が変更される為、グラフが正常に表示できない、System Answer Reporter から正常に接続できなくなる場合があります。

  • 正常に接続できない場合は、Web サービスの再起動をおこなって下さい。

4. アップデートファイルからのアップデートをおこなう場合に正常にアップデートが開始しない場合があります。

  • Web サービスの機能上、ファイルを選択アップデートをおこなっても画面上に何もメッセージを表示せずアップデート処理が終了する場合があります。この現象が発生した場合は、Web サービスの再起動をおこなってください。

テンプレート関連

  • 1. APC 社製 UPS のUPS Run Time Remaining 監視項目における算出値を変更致しました。
  • 2. ARRIS 社製 Cadant C3 CMTS ホストテンプレートを追加致しました。
  • 3. ARRIS 社製 Cadant C4 CMTS ホストテンプレートを追加致しました。
  • 4. Dell 社製 OpenManage の Temperature 監視項目における算出値を変更致しました。
  • 5. Force10 社製 S60 ホストテンプレートを追加致しました。
  • 6. HanDreamnet 社製 SG2008G ホストテンプレートを追加致しました。
  • 7. IBM 社製 BladeCenter ホストテンプレートを追加致しました。
  • 8. InfoBlox 社製 InfoBlox のDNS Non AAT Count 関連監視項目における算出値を変更致しました。
  • 9. McAfee 社製 EWS テンプレートに監視項目を追加致しました。
  • 10. 山洋電気社製 UPS A11F ホストテンプレートを追加致しました。
  • 11. 中央電子社製 ND-EW04 テンプレートに監視項目を追加致しました。
  • 12. 日立電線社製 GMX ホストテンプレートを追加致しました。
  • 13. 日立電線社製 GMC ホストテンプレートを追加致しました。

不具合修正

1.バックアップ実行中による中止機能不具合
バックアップ実行中に「中止」ボタンを実行した際、稀に正常にバックアップ処理が中止されなかった問題を修正致しました。

2. 定期バックアップ動作の修正
「バックアップデータと現行データの結合」を実施中に、定期バックアップが動作してしまいリストアが正常に完了しなくなる不具合を修正しました。
「バックアップデータと現行データの統合」を実施中は、バックアップ動作対象時間であっても定期バックアップが動作しないように修正致しました。

3. デバイス設定の登録不具合修正
トラップ・シスログのデバイス新規登録時に、ステータスを「無効」で新規登録し、設定情報反映後に ステータスを「有効」に変更した場合、またはステータスを「無効」で登録後に一覧から「一括変更」 で「有効」にした場合に、ステータスの変更が正常に反映されませんでした。
ステータスが「有効」な状態にも関わらずアラート通知デバイス対象とならない問題を修正致しました。

4. コンソール操作「6. Command Shell」の修正
コンソールメニューの「6. Command Shell」選択後、パスワードが表示されない問題を修正致しました。
※「6. Command Shell」が正常に動作しない場合、01.21.00 にバージョンアップ後アクセス制御を無効にして頂き、再度SSH アクセスリストをご登録下さい。

5. 監視グループのホスト登録時におけるソート機能不具合
監視グループにホストを追加する際、画面に表示されるソート機能ボタンが正常に動作せず、ソートされなかった問題を修正致しました。

6. SNMP Trap 受信時のメッセージ表示不具合
監視対象ホストからのSNMP Trap を受信時に、Trap 内容が「Error」を「error」として表示される問題を修正致しました。

7. サービス状態通知の修正
Link Status Option を購入されていない場合またはLink Status Option が搭載されていないISA-LSH モデルにおいて、設定情報反映時にシステムログ通知としてサービス状態が「stop」「start」「stop」と3回通知されてしまう問題を修正致しました。

8. Auto Recovery の動作負荷軽減
Auto Recovery 処理が多数発生する環境において、稀にDataBase の負荷が高くなり、System Answer が正常に動作しなくなる事象を修正致しました。

その他変更点

1. 今回のバージョンアップにおけるその他変更点はありません。

アップデートに関して

  • 1. アップデートの際に、アラート状態の事象で再度アラートの通知がおこなわれる場合があります。ご了承願います。
  • 2. アップデート処理後に、「 Update Succeeded!! 」が表示されない場合、正常にアップデートが終了していない可能性があります。再度アップデートをおこなってください。

以上

お電話でのお問い合わせ
受付 9:30〜17:30(平日)
トップに戻る
上に戻る