VMware/サーバー/ネットワーク監視ツール
UPDATE
2010.09.27

Ver 01.18.50 リリース

Ver 01.18.50 リリースノート

新機能ならびに追加機能

  1. 今回のバージョンアップにおける機能追加はありません。

仕様変更

  1. AutoRecovery の仕様が次のように変更されます。今まで AutoRecovery 機能によって復旧したアラートイベントでは、復旧通知が発報されませんでした。今回のアップデートで、AutoRecovery によって復旧したイベントの復旧通知も発報されるようになります。また、AutoRecovery によって復旧したイベントが継続していた場合、今までは新しいイベントが作成されていましたが、今回のアップデートで、AutoRecovery されたとしても継続していた場合、AutoRecovery されたイベントを上書きし、そのまま継続するようになります。
  2. System Answer Backup 筐体にて、v 01.18.30 以前では RAID5 構成 + HotSpare の異常検知がおこなえましたが、v 01.18.50 では HotSpare で異常が生じた場合、画面上は正常で表示され、アラートのみ通知されます。HotSpare ならびに RAID5 構成に異常が生じた場合は、画面上で異常として表示され、アラートが通知されます。
  3. クライアントから System Answer への Web 接続時のコネクション管理方法を拡張いたしました。画面表示ならびに接続方法などは前バージョンと同一で変更はございません。

アップデート時の注意

※ v 01.18.00 以降へのアップデートは、v 01.17.20 からのみおこなえます。v 01.17.20 より古いバージョンの場合、v 01.17.20 へアップデートをおこなう必要がございます。

  1. アップデート中、停止と起動をおこなうサービスがあります。
    • データ更新サービス
    • 各監視サービス
    • アラート通知サービス

    ※ アップデート中はアラートの通知がおこなわれません。

  2. v 01.12.00 以前をお使いの場合、アラート機能が変更されるため、過去のアラート情報の参照ができなくなります。
    • アップデート前のアラート情報が削除されます。

    ※ ダウンロード機能により、ダウンロードが可能です。
    ※ アラートの通知方法やメールテンプレートの修正・変更などはおこなわれません。

  3. Web サービスの機能が変更されるため、グラフが正常に表示できない、System Answer Reporter から正常に接続できなくなる場合があります。
  4. 正常に接続できない場合は、Web サービスの再起動をおこなってください。

  5. アップデートファイルからのアップデートをおこなう場合に、正常にアップデートが開始しない場合があります。

    Web サービスの機能上、ファイルを選択しアップデートをおこなっても、画面上に何もメッセージを表示せずアップデート処理が終了する場合があります。この現象が発生した場合は、Web サービスの再起動をおこなってください。

テンプレート追加

  1. A10 Networks 社製 AX1000 テンプレートを追加しました。
  2. AlaxalA 社製 AX2430S テンプレートに QoS 監視項目を追加しました。
  3. AlaxalA 社製 AX3630S テンプレートに QoS 監視項目を追加しました。
  4. APC 社製 UPS テンプレートの「バッテリー給電残時間」項目の計算値を変更しました。
  5. Dell 社製 OpenManage テンプレートの取得値を変更しました。
  6. HP 社製 HP ProCurve MSM710 / 410 テンプレートを追加しました。
  7. IBM 社製 AIX テンプレートを追加しました。
  8. Infoblox 社製 Infoblox テンプレートに DHCP 監視項目を追加しました。
  9. Palo Alto Networks 社製 PA-4020 テンプレートに CPU 監視項目を追加しました。
  10. SIINS 社製 BlueBrickEX NS-3510-10 テンプレートに QoS 監視項目を追加しました。
  11. SIINS 社製 SmartCS NS-2240 テンプレートを追加しました。
  12. パナソニック電工電路社製 BCRN-2500 テンプレートを追加しました。
  13. 富士通社製 ServerView for Windows テンプレートに Storage 監視項目を追加しました。
  14. 富士通社製 ServerView for Windows IIS テンプレートに Storage 監視項目を追加しました。
  15. 標準 MIB テンプレートに OSPF 再計算実行数監視項目を追加しました。

不具合修正

  1. System Answer Backup 筐体において、稀に Web が接続できなくなる、また意図しない再起動が発生してしまう問題を修正しました。
  2. System Answer Backup 筐体において、稀にバックアップが実行されない問題を修正しました。
  3. 設定情報の反映画面で、実行ボタンが何度も押せてしまう問題を修正しました。また、設定情報の反映が同時に起動されないように修正しました。
  4. アクセスリスト設定画面で、同一の内容が複数登録できてしまっていた不具合を修正しました。
  5. System Answer RAID 筐体において、watchdog のタイムアウト発生による再起動が生じる問題を修正しました。
  6. ルーティング情報がリダイレクトされている環境にて、内部負荷が高くなる問題を修正しました。
  7. 監視項目を削除時、項目単位で作成していた RRD ファイルを一部削除できなかった問題を修正しました。
  8. アラート通知先として、回転灯を指定されていた場合、ごく稀に通知されない問題を修正しました。
  9. 強制的に電源を Off といった、System Answer が異常終了した場合に、プロセス PID が残ってしまい、サービスが正常起動できなくなる問題を修正しました。

その他変更点

  1. アップデート画面、インポート・エクスポート画面、システムログ収集画面の表記を一部変更しました。
  2. 機器検索画面で検索ボタンを押した際、表示されていたポップアップウィンドウが表示されなくなりました。
  3. 機器検索画面で IP アドレスを指定する際、キーボードの「.」を押すことで次のタブに移動できるようになりました。
  4. IBC-MIB.my の MIB ファイルに、Link Status に関する TrapOID がなかったため、追加しました。
  5. IBC-MIB.my の MIB ファイルの、アプリエラーに関する Trap 名を変更しました。

アップデートに関して

  1. アップデートの際に、アラート状態の事象で再度アラートの通知がおこなわれる場合があります。ご了承願います。
  2. アップデート処理後に「 Update Successed!! 」が表示されない場合、正常にアップデートが終了していない可能性があります。再度アップデートをおこなってください。

以上

お電話でのお問い合わせ
受付 9:30〜17:30(平日)
トップに戻る
上に戻る