VMware/サーバー/ネットワーク監視ツール
UPDATE
2009.09.16

Ver 01.16.00 リリース

Ver 01.16.00 リリースノート

新機能ならびに追加機能

  1. 設定情報の自動保存および最大 10 件のダウンロードができるようになりました。
  2. 設定情報の反映時に、過去の設定情報を自動保存するようになりました。
  3. コンソールからの接続時の設定可能項目が追加および変更されました。
    • IP アドレスは実装されているすべてのインターフェイスの設定が可能になりました。
    • SSH 、FTP 、HTTP のセキュリティ設定が可能になりました。
    • メニュー全体の見直しをおこないました。
    • 自動保存された設定情報のインポートができるようになりました。

仕様変更

  1. SYSLOG 、SNMP TRAP の受信後、画面表示時に「error」、「warning」、「alarm」の文字を一律「赤、小文字」に置き換えておりましたが、「赤文字」への変更のみになりました。
  2. インポート時にダウングレードインポートができなくなります。インストールされているバージョンと同等または上位バージョンのインポートのみ可能となります。

インストール時の注意

  1. インストール中、停止と起動をおこなうサービスがあります。

    • データ更新サービス
    • 各監視サービス
    • アラート通知サービス

    ※ アップデート中はアラートの通知がおこなわれません。

  2. v 01.12.00 以前をお使いの場合、アラート機能が変更されるため、過去のアラート情報の参照ができなくなります。

    • アップデート前のアラート情報が削除されます。

    ※ ダウンロード機能により、ダウンロードが可能です。
    ※ アラートの通知方法やメールテンプレートの修正・変更などはおこなわれません。

  3. Web サービスの機能が変更されるため、グラフが正常に表示できない、System Answer Reporter から正常に接続できなくなる場合があります。

  4. 正常に接続できない場合は、Web サービスの再起動をおこなってください。

  5. アップデートファイルからのアップデートをおこなう場合に、正常にアップデートが開始しない場合があります。

  6. Web サービスの機能上、ファイルを選択しアップデートをおこなっても、画面上に何もメッセージを表示せずアップデート処理が終了する場合があります。この現象が発生した場合は、Web サービスの再起動をおこなってください。

テンプレート追加

  1. 今回のバージョンアップにおけるテンプレート関連の変更はございません。

不具合修正

  1. 設定のインポート時にシステム障害が発生し、最悪の場合システムが停止する場合がありました。
  2. レスポンス監視機能のしきい値監視で、一部通知しない場合がありました。
  3. アラートメール通知用テンプレートの設定が表示されない、および正常に設定できない場合がありました。
  4. SNMP V2 を利用したパフォーマンス監視の際に、しきい値の判断が正常にできない場合がありました。

アップデートに関して

  1. アップデートの際に、アラート状態の事象で再度アラートの通知がおこなわれる場合があります。ご了承願います。
  2. アップデート処理後に「 Update Successed!! 」が表示されない場合、正常にアップデートが終了していない可能性があります。再度アップデートをおこなってください。

以上

お電話でのお問い合わせ
受付 9:30〜17:30(平日)
トップに戻る
上に戻る