VMware/サーバー/ネットワーク監視ツール
PRODUCT

機能

System Answer G2 でご利⽤いただけるそれぞれの機能についてご案内します。

監視機能

ベース機能

自社開発エンジンにより、1 分間隔の詳細な性能監視を実現いたします。また取得した性能情報を、標準設定で 1 分間隔のまま、3 年間という長期間の保存が可能です。

SNMP 監視

標準 MIB だけでなく、多数のプライベート MIB もテンプレート化されているため、MIB ファイルの解析などの必要なく即座にマルチベンダー環境の監視が可能です。
また、動的に変化する OID にも対応したテンプレートや、プロセス監視機能も搭載しています。

レスポンス監視

サービス品質の可視化として、ネットワーク遅延やサービスレスポンス状況を監視する機能です。
さまざまなプロトコルに対応し、応答(レスポンス)時間だけでなく、サービスの応答値やサービスステータスの変化による、アプリケーションエラー状況の監視も可能です。
TCP は任意のポート番号、UDP は一部のサービスの監視が可能です。

Hypervisor 監視(API 監視)オプション

VMware vSphere API を使用し、ハイパーバイザー(ESX)およびゲスト OS のリソース状況を監視します。
CPU やネットワーク帯域だけでなく、Disk I / O や Disk 遅延(レイテンシー)といった、仮想環境でトラブルの発生しやすい Disk 関連の詳細監視や、メモリーバルーン(Ballooning)などの VMware のゲスト環境独自のメモリー情報を含め、SNMP 監視などと同様に 1 分間隔の詳細な監視が可能です。

アプリケーション監視

アプリケーションの稼働状況を監視いたします。 サーバーリソースだけでは把握できない、各アプリケーションの詳細な稼働状況や性能情報を把握することが可能です。

ステータス監視

インターフェイスの Up / Down や各サービスのステータスといった、システムの状態を把握する機能です。
ステータスの遷移だけでなく、指定された状態から変動があった際の異常・復旧を把握することが可能です。

独自スクリプト監視

既存のコマンドや独自スクリプトで監視をおこない、実行コマンドの結果を応答値やレスポンス値、ステータス値として、G2 上で活用することが可能です。

SNMP トラップ監視オプション

各ホストからの SNMP トラップを受信し、トラップアラート画面への表示や、メール・回転灯へのアラート通知をおこないます。

アラート機能

アラート検知機能

各監視機能でのタイムアウトやベースラインアラートならびに index 変更により、SNMP で正常に取得できない異常をアラートとして検知します。
性能監視で必要なしきい値監視も、上限および下限の 3 段階のしきい値設定が可能なため、きめ細やかな性能監視が可能となります。

アラート通知機能

アラート検知した情報を、メール / 回転灯 / シスログ通知 / トラップ通知ならびに独自スクリプト実行など、さまざまな手法で通知が可能です。
また、各アラート通知の実行を時間・曜日で制限をしたり、メールのフォーマットや通知間隔など、さまざまなカスタマイズが可能です。

グループ機能

設定したグループごとに、通知方法を選択することが可能です。システム担当者ごとにアラート通知を振り分けたり、重要システムだけは一斉に通知をおこなうなど、知りたい情報を確実に通知するためのさまざまな設定が可能です。

表示機能

グループ表示機能

稼働システムごとや、本社・支店・DC といったロケーションごとなど、任意に設定したグループを階層的に表示し、システムの状態を一元的に把握できます。
監視ホストの稼働状態や、性能監視の計測値をベースにした負荷率を表示することで、システム管理者が知りたい多数のホストの稼働・性能状態を簡単な操作で確認が可能です。

グラフ表示機能

マウス操作のみで任意の期間選択や移動などの、直観的なユーザーインターフェイスを搭載しています。
グラフは単一の監視項目だけでなく、複数のポートのトラフィック情報といった、さまざまな表示方法をサポートいたします。
また、マウスクリック 1 つで多数の分析機能を選択可能なため、簡単かつスピーディーに詳細な性能状態を確認いただけます。

ランキング表示機能

監視項目別のデータ値や使用率をランキング形式で表示します。膨大な監視対象から把握すべき情報を値だけでなく、過去データをグラフとして表示します。

アラート表示機能

性能監視で検知したアラートの詳細を一覧で表示します。継続的なアラートを集約して表示したり、さまざまなフィルタ機能や、不要なアラートに対しての受諾機能を活用することで、大規模トラブル時でも、必要な情報を分かりやすく把握することが可能です。

Hypervisor 表示機能オプション

多数の仮想ホストやゲストの性能状態を分かりやすく把握するために、さまざまなグループでの稼働状態や負荷状況の表示や、ダッシュボード画面による一覧表示、詳細なリソース変動を把握するためのグラフ表示機能を提供します。
物理環境、仮想環境ともに、統一したインターフェイスにより、運用負荷を増やすことはありません。
また、サマリー機能を活用することで、仮想環境全体から負荷の高いゲストを確認するといった、管理者が知りたい情報に簡単にアクセスするための機能も搭載しています。

Topology 表示機能オプション

ネットワーク上を自動で探索し、L3 ならびに L2 トポロジー構成を作成し、WebGUI で表示をします。
性能監視機能と連携し、トラフィック分布やアラート発生状態を表示することも可能で、システム全体の可視化を分かりやすい画面で提供します。

スマートビュー

トラップアラートやアラート一覧をウィジェット形式で任意に配置が可能です。
必要な情報を、迅速に確認することが可能となるため、現状把握の迅速化、 運用工数の削減をおこなうことが可能です。

ブックマーク機能

性能グラフを任意に選択して、一覧表示ができる機能です。
他ホストとの相関分析や、システム一覧での負荷傾向把握など、分析工数を大幅に削減できます。

分析機能

予測分析(ベースライン)

性能監視の結果を学習し、傾向の予測から大きく変化があった場合に、アラートとして検知をおこないます。
サイレント障害検知などに活用できる機能です。

傾向把握(トレンドライン)

取得データの傾向の変化率をグラフで描画するため、視覚的に今後の変動を予測できる機能です。

稼働比較(タイムシフト)

過去情報との比較を 1 グラフで表示します。リソースなどの変動が発生した場合に最初に確認する「以前との比較」を分かりやすく表示します。

レイテンシー分析

レスポンス監視のデータから、遅延状況を分かりやすく表示する機能です。SLA の考えをベースに機能化しており、各レスポンスごとに指定したレスポンスレベル(ランク)ごとの変動を捉えることで、ボトルネックの特定やレスポンスの変化を判断することが可能です。

その他の機能

Topology 探索オプション

定期的に Topology 状態を探索します。接続変更による G2 上のトポロジー構成を自動で変更することはもちろんのこと、新たに接続されたホストを、自動的に G2 の監視ホストに登録し、監視への運用負荷を軽減します。

API 機能オプション

System Answer G2 で取得した性能監視情報を、お客様のポータルサイトやアプリケーション上で公開することができる連携機能です。性能情報、グラフ画像、レイテンシーグラフ画像、CSV 出力データといった、さまざまな情報を取得することが可能です。

自動レポート出力

定期診断レポートや設備投資計画用のデータ資料として、System Answer G2 で収集した性能監視情報から、自動的にレポートを作成することができます。

テンプレートアップデート

定期的にアップデートをしている SNMP プライベート MIB 情報 を追加することが可能です。またテンプレートアップデートサービスをご利用いただくことで、新しく導入される装置の MIB 調査や監視テストを IBC がおこなうため、お客様に負担をかけることなく、マルチベンダー環境の詳細な性能監視を継続することが可能です。

IPv6 対応(β 提供)

死活監視、SNMP 監視ならびに一部のレスポンス監視を、IPv6 にて監視が可能です。

海外対応

日本語ならびに多言語に対応したシステムとなります。現在は日本語・英語のみの選択となります。
また各アカウントごとにタイムゾーンを変更することが可能です。

モジュール別ソフトウェア

G2 は単一のソフトウェアではなく、監視エンジン / DB / Storage 機能などモジュール単位でインストールすることが可能です。
単一システムでの導入や、今後の監視拡張を見据えた分散システムでの導入など、小規模から大規模までの監視に対応しております。
監視エンジンは N + 1 の冗長構成が可能で、監視対象が急激に増えた場合でも、監視を止めることなくエンジンを追加することで対応できる、スケールアウト型の監視システムです。

お電話でのお問い合わせ
受付 9:30〜17:30(平日)
トップに戻る
上に戻る