VMware/サーバー/ネットワーク監視ツール
NEWS
2015.02.26

うるう秒の影響 について

うるう秒の影響 について

先日総務省よりうるう秒の調整が発表されました。アイビーシーの提供製品に対する影響について調査を実施いたしましたので以下に記載いたします。

うるう秒の調整

平成27年(2015年)7月1日(水)に3年ぶりとなる「うるう秒」の調整が行われます。
調整される時間は2015年7月1日(水)8時59分59秒と9時00分00分の間に8時59分60秒が挿入されます。

○詳細は下記URLを参照ください。
 http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/02tsushin03_03000140.html

■対象製品

System Answer ISA-LSH、ISA-SH、ISA-RSH、ISA-BSH
System Answer G2 Appliance Light、RAID、Virtual
System Answer G2 Software Enterprise Ware、Datacenter Ware

■調査結果

System Answer ISA-LSH、ISA-SH、ISA-RSH、ISA-BSH

「うるう秒」の影響についてアプリケーション側の調査を行い、「うるう秒」挿入による影響を受けないことを確認できております。

System Answer G2 Appliance Light、RAID、Virtual

「うるう秒」の影響についてアプリケーション側の調査を行い、「うるう秒」挿入による影響を受けないことを確認できておりますが、次回以降のバージョンにてディストリビューションが推奨とするパッケージの適用ならびに時刻同期方法の変更を行います。

System Answer G2 Software Enterprise Ware、Datacenter Ware

「うるう秒」の影響についてアプリケーション側の調査を行い、「うるう秒」挿入による影響を受けないことを確認できております。
OS側で適切に「うるう秒」の対策を行われていれば問題ありません。

■対策

System Answer G2 Appliance Light、RAID、Virtual

ディストリビューションが推奨とするパッケージの適用ならびに時刻同期方法の変更を行います。
製品リリースまでお待ち頂けますようお願い致します。

製品リリース情報のアップデートがございましたら、別途ご連絡申し上げます。

以上

お電話でのお問い合わせ
受付 9:30〜17:30(平日)
トップに戻る
上に戻る